DAIWA ’19アルファスCT SVインプレ。高い汎用性を持つCTスプール機。

スポンサードリンク

ダイワ ’19アルファス CT SV インプレ

 

SPEC

品名 70SHL
巻取り長さ(cm/ハンドル1回転) 67
ギア比 7.2
自重(g) 170
最大ドラグ力(kg) 4.5
標準巻糸量 ナイロン(lb-m) 14-30~60、12-35~70
ハンドル長さ(mm) 80
ベアリング ボール/ローラー

6 / 1

ダイワ アルファス CT SV 70SHLのインプレです。購入したのは、左ハンドル&ハイギアのアルファス CT SV 70SHLになります。

 

気になるCT SVスプールの使用感を実釣で試してきました。まずはディティールをチェックしてみましょう。

アルミ製のコンパクトなボディ

 

アルミ製のコンパクトボディはパーミングしやすく、かつ堅牢な印象です。

かなりコンパクトなので、手が小さい方も扱いやすいと思います。

アルファスのボディは2004年デビューという事で、長く愛されている名機、といったところでしょうか。

独特のデザイン

 

エッジが立った独特なデザインは、正直好き嫌いが別れる感じではあります。

個人的には個性が際立つ感じで、結構好きですね。

塗装はつやつや感のあるブラック。

金属パーツにはオレンジ色のアルマイト装飾が施されており、少しロッドに合わせにくいカラーリングではあります。

大型のブレーキダイヤル

 

ブレーキダイヤルは非常に大型で、クリック感も軽くて操作しやすい。

サイドプレートはコインでダイヤルセンターのネジを回して開けるタイプです。

ハンドル&スタードラグ

 

ハンドルはジュラルミン製。長さは少し短めと言える、80mm。

スタードラグはZAION製で、高級感があります。

また、ハンドルロックナットやリテーナーロックボルト、ボディを留めるビスなどが全てブラックで統一されており、かっこいいですね。

MADE IN JAPAN

 

信頼のMADE IN JAPANです。多分、この価格帯ではほぼ唯一なのでは?

シマノさんもここは見習って欲しいところですね。

別に必ずしも日本製だから良い、ではないでしょうけど、ハイエンドモデルは日本製のモデルが多いですよね。

30φCT SVスプール

 

最大の特徴は、ハイエンドモデルであるスティーズCT SV TWと同一ユニットであるという、30φCT SVスプールユニット。

スプール径30mmは、近代ベイトリール史の中でも非常に小さな部類だと思われます。

 

直径30mmのスプールがどんぐらい小さいかというと、こんぐらいっす。

34mmの’19タトゥーラTWのスプールと比較してみました。

 

スプール径が小さいと、回り出しに必要な力が少なくて済むため、軽量ルアーに向いています。

 

ラインキャパは、10lb-80m、12lb-70m。

かなり少なめですね。無遠慮にフロロラインを巻きつけても、軽く仕上がってくれます。

 

素材は、ダイワ社内基準において超々ジュラルミンより強いという、G1ジュラルミン製。

自重は、約9.4g。

 

ご覧のように、スプールにベアリングがくっ付いているタイプになります。

ベアリング込み、またオレンジ色のブレーキローターまで込みでこれは、かなり軽いと思われます。

各社のベイトフィネスリールのスプール自重が7〜8g程度というものが多いですので、それに近い水準ですね。

 

12lbラインを下巻き無しでスプールエッジを2割程度残すぐらい巻きつけるとこのぐらい。

 

フロッグ用のPEライン(51lb)を巻きつけた状態でこのぐらい。

正直、癖はある

 

やはり30mm径スプールという尖ったスペックは、ベイトフィネスリールや、一般的な34mm系のリールと一味もふた味も違う独特のキャストフィールです。

率直な感想としては、多少なりとも癖のある回転感覚だと感じます。

 

当たり前ですが、とにかく回り出しが軽快な印象。

他のベイトリールの感覚でキャストすると、最初のレスポンス分、少し上方に飛んでいってしまうため、キャスト時のリリースタイミングをワンテンポ遅らせる必要があるようなイメージです。

軽い力でスカっと伸びる

軽い力でキャストした際に、スカッと伸びますね。

テイクバックも少なめ、ロッドの振り抜きスピードも抑え目な感じで、8割程度の力感で投げると、CT SVスプールの真髄が味わえるかと思います。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です