エレキ操船の注意点。増水時の川くだりは船尾の向きが変えれない。

スポンサードリンク

先日の豊英ダムで、操船時に危機を迎えました。

増水時の川下りで、何度も倒木に突っ込んでしまいました。

激濁り&増水時の操船の注意点をシェアします。

降り続く雨

先日訪れた豊英ダム。

気温は低くないものの、1日を通して降り続く雨。

増水

午後になっても降り続く雨によって、徐々に増水。

濁り&流れの発生

 

 

増水に伴い、午前中はクリアだったバックウォーターはカフェオレ色の激濁り。

さらに普段よりも水流が増し、若干怖さを覚えつつも、どうしてもバスが釣りたいので、釣り続行。

無謀にもバックウォーターへ

どこかに良い水のエリアは無いかと、普段より流れの強い中、どんどん上流部まで上がっていきます。

登りは良いけど下りが危険

 

上がるときはエレキのパワーが喰われるだけで、さほど危険はなく、普段どおりの操船をしていました。

ある程度上がったところで、エレキのバッテリー残量が弱ってきたので、引き返すことに。

ここから地獄の川くだりでした。

下りはマジ危険。

荒れていて、流れが普段より強いときの下りはマジで危険です。

最初は、流れが強いからエレキのパワーを消費せずに済んでラッキー♪などと、楽観的に考えていました。

しかし、後ろから押される下りは極めて操船しにくいんです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です