モーターガイド エレキデビューは54lb?80lb? 80lbを薦めるたった1つの理由。

スポンサードリンク

関東レンタルボートスタイルに欠かせないアイテム、エレキ。

初めてのエレキ購入、どのようなモデルを選択すれば良いのでしょうか。

12V仕様の54lbモデルと、24V仕様の80lbモデルの両方にそこそこ乗った管理人が、ファーストエレキにふさわしいエレキを考察します。

モーターガイドorミンコタ論争

モーターガイド [motor_guide]

モーターガイド [motor_guide]

出典:waves.com 
ミンコタ [minn kota]

ミンコタ [minn kota]

 
 

まずはモーターガイドかミンコタかという選択です。

私はそのシェア率の高さから、モーターガイドにすることをオススメします。

やはり使っている人が多いということは、それだけ情報が世に出回っているので、なにかトラブルがあったときに助かります。

そこでモーターガイドの54lbモデル、80lbモデルのいずれかを選択するという前提でお話しをすすめたいと思います。

ミンコタ派の方、スイマセン。。

モーターガイド [MotorGuide] 54lbモデル

Motor guide FW54V

Motor guide FW54V

 
Motor guide FW54V

Motor guide FW54V

 

まずは私の愛用エレキ、FW54V

12V仕様のモデルで、使用するバッテリーは1個。

推進力はデジタル無段変速仕様で、シャフト長は36in。
  
FWシリーズはすでにカタログ落ちした旧モデルなので、最新モデルから選択するとなると、「モーターガイド X3-55V-36」あたりになるでしょうか。

メリット

Voyager M27MF

Voyager M27MF

 

準備&片付けが楽

メリットとしてはバッテリーが1個で済むので準備&片づけが楽。

予算も安く済ますことができます。

また、バッテリーのみならず、エレキモーター自体の重量も、24Vのモデルと比べて軽くなっています。

肝心な推進力は、必要十分な推進力を確保してくれます。

54lbは遅いか。

主観になってしまいますが、「極端に遅い」って感じはしないです。

80lbと比べてしまうと遅く感じますが。

遅いけど、安全。

そして安全性。停船状態からうっかり全開で踏んでしまっても、出力がそこまで高くないので、落水する危険もあまりない。

ちょっと遅いけど、準備&片づけが楽で、予算も抑えられる。安全性も高い。

デメリット

しかし、私がよく行く亀山ダムや、相模湖などの規模のリザーバーですと、やはりパワー不足感は否めません。

大幅なポイント移動をする際には、すこしストレスが溜まります。
 
そんなところでしょうか。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です