ホンデックスHE-820-Bo機能紹介。

スポンサードリンク

ホンデックス魚探、HE-820-boがやってきた!

ざっとメイン機能をご紹介いたします。

ホンデックス HE-820-bo

 

ホンデックス HE-820-boが我が家にやってきました。(写真左)

SPEC
  • タイプ:8.4型カラー液晶
  • 電源電圧:DC11~35V 、消費電力/電流(平均):約12W約1A/12V
  • 本体寸法:228(H)×236(W)×108(D)mm / 本体質量:約1.8kg
  • 水温センサー:標準装備(TC03-10)
  • 周波数:200kHz(TD03・3P)&400kHz(TD43・3P)
  • 出力:200W
  • 水深表示範囲:最浅:0~2m、最深:0~200m
  • 地図データ:全国詳細地図カード内蔵
  • GPSアンテナ内蔵

 

今までは、HONDEXのHE-57C(写真右)という入門機種を使用していました。iPhone5Sぐらいの画面サイズに、200Khzの魚探映像を映してくれる機種です。

これはこれで、超ベーシックな2次元魚探として活躍してくれて、2年ぐらい使いました。

 

しかし人はステップアップしたくなる生き物…ということで、エントリーモデルから一気にハイエンドモデルへグレードUP。

もちろん新品で購入する財力はなく、友人からお安く譲っていただきました!多謝!

8.4インチ大画面

 

 

8.4インチの大画面はクソでかくて、迫力満点。モデル名の末尾についた、Boというのはボンディング液晶の略。

HE-820-Bo/HE-840-Boの画面サイズは8.4型。

画面は大きいだけでなく、表示部ドット数は従来の6型モデルの約2倍、640×480ドットと非常に高精細で、細かな反応や文字もよりはっきりと見やすくなりました。
また、高輝度液晶(1000カンデラ)の採用で、直射日光下など明るい場所での視認性が更にアップしました。
大画面ながらGPSアンテナ内蔵のスリム設計で、取付場所を選びません。

液晶ディスプレイとカバーガラスを特殊樹脂で貼り合わせて空気層をなくすことで、視認性を向上させるととともに結露を防止します。

出典:EchoTech

めっちゃ見やすいし、HE-57Cとは情報量が桁違いだと思われます。

200khz&400khzの魚探

 

標準で、200Khzと400Khzの2つの周波数が搭載されています。

 

200Khz(22°)はやや広範囲、400Khz(10°)はピンポイントで超音波を照射する!ってことですな。

振動子は、2つの周波数ながら1つにまとまっており、非常にコンパクト。

GPS&マップ機能

 

GPS機能付き。全国の内水面、そして海のマップデータが入っています。

等深線も分かります。

ただし、戸面原ダムが未収録だったのは内緒です(笑)

ワイドスキャン

 
 

別売りの振動子、TD800(定価5万円ナリ)を装着すると、ワイドスキャンと呼ばれる機能を使うことが出来ます。(TD800も入手しました。)

写真っぽい画像を映し出してくれる機能ですね。まるで水中を覗いているかのような映像描写、ということで期待が高まります。

デモ画面では漁礁や取水塔?などが表示されます。実際にここまで鮮明に映し出されるかどうかは謎ですが、色々なモノを映して追記していきたいと思います。

 

出典:EchoTech

ワイドスキャンの表示範囲はこんな感じらしいです。

基本的には、真下にあるブツを写す機能ですが、「ワイド」という名の通り、左右方向に広く映し出すようですね。

まとめ

以上、ホンデックスのHE-820-boの機能紹介でした。

超単純なHE57-Cと比べ、ちょっと戸惑うぐらいの高機能っぷりですね。

使いこなすには相当な時間が必要そうですが、冬のバス釣りが楽しくなりそうです(・∀・)

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です