[無料です]並行輸入したガーミン魚探に詳細な日本国内の湖沼マップをインストールする方法。

スポンサードリンク

並行輸入 ガーミンエコーマッププラス93SV

 

人柱として購入した、並行輸入仕様のガーミンエコーマッププラス93SV。(人気モデル、エコーマッププラス95SVの地図違いバージョンで、基本は同じです。)

海外通販サイトで購入したのですが、何と言ってもその魅力は圧倒的な低価格。

 

といっても、普段はだいたい1000ドルをちょっと切るぐらいの価格で販売されているのですが、セール期間中ですと投げ売り価格なんじゃないかというぐらい安く購入することが可能です。

ガーミン魚探というと高嶺の花というイメージを持っていたのですが、あまりの安さに驚きを隠しきれません。

並行輸入ガーミンの問題点

 

しかし、並行輸入ガーミンを導入するにあたり、一つ問題点があります。それは、仕向地によって仕様が大幅に変わるということです。

国内正規代理店で購入すると、APAC(アジア太平洋)向けモデルになります。一方で、並行輸入モデルを当然アジパシモデルではありません(汗

地図が違う

標準でインストールされているマップが「U.S. LAKEVÜ G3」と呼ばれる、主にアメリカ大陸のみのものとなります。

国内でGARMIN魚探を正規ルートで購入すると、無料で日本国内のMAPデータが付いているようなのですが、並行輸入モデルですと付いておりません。

かろうじて山中湖が表示されていますが、相模湖、津久井湖が無いぞ笑

かろうじて山中湖が表示されていますが、相模湖、津久井湖が無いぞ笑

 

もちろん、日本大陸のカタチは一応確認できますが、特に内水面については霞ヶ浦と琵琶湖ぐらいしか表示されず、これは困ったことになったゾ。となります。

房総リザーバーも無の境地であります

房総リザーバーも無の境地であります

 

もちろん、マップがなくても魚探自体の基本機能は使うことが出来ますが、せっかくある程度高性能なGPSを内蔵したモデルですので、地図機能も使いたいところです。

ヤマハ(ワイズギアのHP)からダウンロード可能

GARMIN 次世代型コックピットシステム

前置きが長くなり申し訳ありません。

結論をお話しすると、ガーミンの正規輸入代理店であるヤマハ(ワイズギア)のHPで、湖沼MAPが無料で配布されています。

日本の湖沼マップをインストール(ダウンロードする手順)

マイクロSDカードを用意する

 

手順は非常に簡単です。まずは、microSDカードを用意します。ガーミン魚探はSDカードが無いと機能が制限されるので必須アイテムです。

 

マイクロSDカードには規格がいくつか存在しますが、SDHCカードにしてください。ここ大事なポイント。

これ以外の規格のモノですと、正常に読み込まないなどの症状が出るそうです。

 

ガーミン魚探に空のマイクロSDカードを挿入すると、ガーミン魚探用のカードにフォーマットするぜ?みたいなことを聞かれるのでOKにします。

ヤマハからダウンロードしたファイルをSDカードにぶっこむ

 

ヤマハからダウンロードした湖沼マップデータは、lzh形式で圧縮されておりますので、適当な解凍ソフトで解凍します。

解凍すると、「Garmin」フォルダの中に、「D6817A00A.img」というファイルが入っています。

 

フォーマットしたガーミン魚探用のカードをPCに接続すると、「garmin」というフォルダが出来ていますので解凍した「D6817A00A.img」を何もせずにそこに置くだけです。

あとは、ガーミン魚探にSDカードを戻して起動すると、自動でマップをロードしてくれます。

 

めちゃくちゃ簡単でしたが、この情報、やり方にたどり着くまでに小一時間かかりました(汗

この記事がもし事前に存在していれば..と思い、書いた次第です。

インストールした地図を見てみるぞ

 

相模湖、津久井湖が表示されました!ヤッタゾ!

奥多摩湖や宮ヶ瀬ダム(釣り禁止)、多摩川、相模川まで詳細に載ってるのがウレシイ。

国内の内水面(湖沼)をきめ細やかにカバーしたMAPであることが分かります。

 

相模湖を見てみた。桂川、秋山川と流入河川までしっかりと表示されます。マップによっては流入河川が省略されていたりするらしい。

 

無の境地だった房総リザーバーにもしっかりとMAPが表示されております!

等深線のデータは無し

 

注意点としては、等深線は入っていないということです。

 

しかし、ガーミンはクイックドローコミュニティと呼ばれる先進的な仕組みが用意されています。

ガーミンユーザーが持ち寄った等深線をクラウドで一括管理し、自由にダウンロード出来るというシステムです。

 

おおよそ、メジャーなリザーバーであればほぼほぼ先人たちがクイックドローをかけたデータが蓄積されており、並行輸入モデルのユーザーであってもそのデータの恩恵に授かることが出来ます

 

ActiveCaptainと呼ばれるスマートフォンやタブレット用のアプリをインストールすれば、WiFi環境さえがあればPCが無くても等深線をインストール出来るのも嬉しいポイント。

写真は、相模湖のデータをダウンロードして表示してみた図。等深線のダウンロード方法についてはまた別記事でご紹介したいと思います。 

 

※ただ、この等深線のデータも、湖沼のMAPそのものが無い場合、単体では何も表示されないんですよね(汗

だからヤマハさんのMAPサマサマな訳です。

まとめ

以上、並行輸入モデルのガーミン魚探に日本の湖沼マップをインストールする方法についてでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

4 件のコメント

  • はじめまして。いつも為になる情報ありがとうございます。この記事を読んでガーミンにすごく興味が湧いてきました。もし可能であればどこのサイトでご購入されたのか参考までに教えていただきたいです。

      • 返信ありがとうございます。
        私は昔のローランス魚探使用していますので、かなり興味があります。並行輸入の魚探で使いづらい点などあったら今後教えて欲しいです!
        よろしくお願いします。

  • 当方、20年来のロラン並行品派です。
    初めてガーミン使用したところ、マップがうまく表示されず困っていました。
    本当に助かりました。
    ありがとうございます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です