厳選ワークマンおすすめアウター。DIALIGHTディアライト防水防寒ブルゾン レビュー。

スポンサードリンク

おすすめのワークマンのアウター

 

ワークマンの靴、ミドラーとご紹介してきましたが、本命?のアウターについてです。

今年は暖冬とはいえ、やはりフィールドに出ると寒いことには変わりありません。特に釣り人が繰り出す水辺は、遮るものが何も場合も多く、非常に過酷な状況。

 

さらに魚に触れることでとても汚れるため、あまりに高価なアウターを着用するのも気が引けます。

という訳で、リーズナブルに暖かいワークマンのアウターに白羽の矢がたったという訳です。

DIALIGHTディアライト防水防寒ブルゾン

 

今回は、フィールドコアブランドからリリースされている「DIALIGHT[ディアライト]防水防寒ブルゾン」のレビューです。

税込4900円、約700gと比較的軽量、防水仕様。

安い、軽い、暖かいの3拍子揃ったアウターです。

 

数あるワークマンのアウターの中でも、「ワーク臭」が抑えらえており、比較的カジュアルテイストでしっくりくる感じがしました。

身長166cm、体重65kg、LLサイズを着用しています。ちょい大きめにガサッと着るのが気分なので、少しゆったり目にしました。

 

とはいえ、ワークマンのウェア全般に言えるのですが、表記サイズと比べかなり小さめの作りなっていますので必ず店頭で試着することをおすすめします。

何でもいいわけでは無い(^ω^)

ワークマンがいくら安くても、何でも言いわけでは無いですよね。

釣りとはいえ、やっぱりダサいジャケットは着たく無いし、あわよくばタウンユースでも胸張って着れるアウターが良いに決まってる。

かといって、数万円もする馬鹿高いアウターを買う余裕も無い(笑)そんな悩みに答えます。

ワークマンに通い込んでチョイス

ここ数日、ワークマンに通い続けているのですが、正直ちょっとデザイン的にもう一歩、というジャケットも割とあります。

その中から、これは比較的イケるんじゃないかな?というものをチョイスしたつもりですので、その手間を省く記事になります!

もちろん、アパレルの好みは人それぞれですので、あくまで私の主観ではありますが…

  • デザインがOKなもの
  • 機能性に優れたモノ

そんな観点でチョイスしました。

ディティール

 

斜めからのビューになります。腕の切り返しがノースフェイス風?

全体に中綿が均等に張り巡らされており、とても暖かいですね。それでいて、もこもこし過ぎないルックスです。

まだ丸一日着用しておらず、数時間の釣りで着用したまでですが、数万円クラスのアウターに全く引けを取らない防寒性能を持っていると感じました。

※防水、防寒性能については、より使い込んで追記します。

 

後ろ身頃が少し長めになっており、しっかりと中綿も入っているため腰やお尻が快適ですね。

バイク乗りにとってもありがたい仕様だと思います。

 

袖口は普通のゴム仕上げ。

2重袖などにはなっていないため、ここは本格的なアウターには劣るところですが、通常の風雨ならば防ぐことができます。

 

 

ジップもタフネスで大きな番手のものが採用されています。あまり長期間試した訳では無いですが、噛みにくく、壊れにくい感覚です。

 

さらに、フロントにはヨークが2重仕様となっており、雨風を防いでくれます。この価格でここまでやるかワークマン。

 

フロントジップを閉めると、ジップにヨークが覆い被さり、シンプルな見た目でなかなか良い塩梅ですね。

表面生地に使われているのはディアライト。三菱商事が開発したマテリアルで、耐水圧10,000mm、透湿度3,000g。

ほぼレインウェアに近い防水透湿性能だと思って良いでしょう。

ポリエステル100%(化繊)ですが、コットンっぽい滑らかな風合いです。

 

左前方にフィールドコアのロゴマーク。そして謎のメッセージが…この英文必要かな?正直、無いほうがカッコイイですよね。

まあ小さ目なのでギリギリOKです。

 

左右に大きめのジップポケットがついているのがかなり良いですね。スマホはおろか、小さめのタブレットが入りそうなぐらい大きいです。

さらに止水ジップ仕様で抜かりありません。

 

フード&裏地。フードは大きめで帽子の上から着用出来ます。

裏地は普通のナイロン地ですが、それなりに着心地の良いものです。

特に感動するような感覚はありませんが、かといって妙な違和感などは皆無ですね。非常に良くできています。

デメリット

デメリットとしては、重箱の隅をつつくようで恐縮ですが、よく見ると縫製がところどころ甘いのが散見される点ですね。

5万円クラスのノースフェイスのアウターと改めて比較してみましたが、細部の丁寧さはかなり差がつく部分。

ここはやはりお値段なりという印象もあるところです。

しかし、価格が1/10という事を考えれば、十分以上に健闘していると考えて良いと思います。

電熱ベストで無敵の防寒(・∀・)

今回、少し大き目を購入した理由は、インナーに電熱ベストを仕込むためです。

これで最強ワークマン防寒スタイルの出来上がり。あとはフィールドに繰り出すだけですな。

オフショアジギングで着用

実際に、2月のオフショアジギング(船釣り)で着用してきました。

防寒性は全く問題なく、海釣りは波を被ることもしばしばあるのですが防水性能も高いですね。

安いので汚れても全く気にならないのも嬉しい。気に入ったので仲間内で3着も購入してしまいました(笑)

まとめ

以上、ワークマンのDIALIGHTディアライト防水防寒ブルゾンについてでした。

惜しむらくは、今回ご紹介したDIALIGHTディアライト防水防寒ブルゾンについて、ワークマン公式ストアでの取り扱いが無い事です。

 

とはいえ、ワークマンの店頭に行けば普通に在庫しています。私は希望カラー&サイズを5店舗ほどハシゴして入手しました。

(ワークマンプラスじゃなくても、普通のワークマンに置いてあります。)

冬も半分過ぎてしまいましたが、シーズン途中で購入するのも躊躇なく買えてしまうお値段です。

 

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 
ワークマン公式ストアを見る
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です