厳選ワークマンおすすめアウター。DIALIGHTディアライト防水防寒ブルゾン レビュー。

スポンサードリンク

おすすめのワークマンのアウター

 

ワークマンの靴、ミドラーとご紹介してきましたが、本命?のアウターについてです。

今年は暖冬とはいえ、やはりフィールドに出ると寒いことには変わりありません。特に釣り人が繰り出す水辺は、遮るものが何も場合も多く、非常に過酷な状況。

 

さらに魚に触れることでとても汚れるため、あまりに高価なアウターを着用するのも気が引けます。

という訳で、リーズナブルに暖かいワークマンのアウターに白羽の矢がたったという訳です。

DIALIGHTディアライト防水防寒ブルゾン

 

今回は、フィールドコアブランドからリリースされている「DIALIGHT[ディアライト]防水防寒ブルゾン」のレビューです。

税込4900円、約700gと比較的軽量、防水仕様。

安い、軽い、暖かいの3拍子揃ったアウターです。

 

数あるワークマンのアウターの中でも、「ワーク臭」が抑えらえており、比較的カジュアルテイストでしっくりくる感じがしました。

身長166cm、体重65kg、LLサイズを着用しています。ちょい大きめにガサッと着るのが気分なので、少しゆったり目にしました。

 

とはいえ、ワークマンのウェア全般に言えるのですが、表記サイズと比べかなり小さめの作りなっていますので必ず店頭で試着することをおすすめします。

何でもいいわけでは無い(^ω^)

ワークマンがいくら安くても、何でも言いわけでは無いですよね。

釣りとはいえ、やっぱりダサいジャケットは着たく無いし、あわよくばタウンユースでも胸張って着れるアウターが良いに決まってる。

かといって、数万円もする馬鹿高いアウターを買う余裕も無い(笑)そんな悩みに答えます。

ワークマンに通い込んでチョイス

ここ数日、ワークマンに通い続けているのですが、正直ちょっとデザイン的にもう一歩、というジャケットも割とあります。

その中から、これは比較的イケるんじゃないかな?というものをチョイスしたつもりですので、その手間を省く記事になります!

もちろん、アパレルの好みは人それぞれですので、あくまで私の主観ではありますが…

  • デザインがOKなもの
  • 機能性に優れたモノ

そんな観点でチョイスしました。

ディティール

 

斜めからのビューになります。腕の切り返しがノースフェイス風?

全体に中綿が均等に張り巡らされており、とても暖かいですね。それでいて、もこもこし過ぎないルックスです。

まだ丸一日着用しておらず、数時間の釣りで着用したまでですが、数万円クラスのアウターに全く引けを取らない防寒性能を持っていると感じました。

※防水、防寒性能については、より使い込んで追記します。

 

後ろ身頃が少し長めになっており、しっかりと中綿も入っているため腰やお尻が快適ですね。

バイク乗りにとってもありがたい仕様だと思います。

 

袖口は普通のゴム仕上げ。

2重袖などにはなっていないため、ここは本格的なアウターには劣るところですが、通常の風雨ならば防ぐことができます。

 

 

ジップもタフネスで大きな番手のものが採用されています。あまり長期間試した訳では無いですが、噛みにくく、壊れにくい感覚です。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です