ワークマン ダイヤフリース裏アルミベストレビュー。機能はハイエンド並み。

スポンサードリンク

ワークマン ダイヤフリース裏アルミベスト

 
 

ワークマンのダイヤフリース裏アルミベストを試しました。(ベストにしたのは、ジャケットがサイズ欠品だったためです)

冬のレイヤリングにおける、いわゆるミドラー的な存在として活躍してくれる事を期待しての購入です。

また、1,780円と言う驚きのロープライスもポイントです。

海釣りの際の防寒着として

 

先日ボート乗合いの海釣りに行ったのですが、まあ衣服が汚れるんですよね。

コマセのエビが付着したり、血抜きの際に魚が暴れて魚のヌルヌルや血がついたり、もう大変な訳です。

 

その日は、一張羅のノースフェイスを着ていったのですが、魚臭くなって帰ってきました(^◇^;)

と言うわけで、汚れる前提のもっとリーズナブルな防寒着も欲しい、と言う事でワークマンに駆け込んだ訳です。

裏アルミ地

 

裏側がアルミ地になっており、輻射熱で暖かくなる仕組み。魔法瓶を着るようなイメージですね。(アルミ地は、背中側のみ配置。前身頃にはなし。)

着用前は本当にこれで暖かいの?と懐疑的だったのですが、着てみると…なんだこれ、ジワっと暖かいじゃん。

 

ただし、お洗濯にやや気を遣う必要があり、手洗いで優しく洗う必要があります。

ポケット

 

ポケットは、左右に二つ+胸ポケット。左右のポケットはZIPレス仕様。

キルト調フリース

 

フリースの感触もなかなかに肌触りが良くて、気持ちいいですね。

凝ったキルト調のパターンになっています。

サイズ感

 

サイズ感は、ワークマン製品全般に言える事ですが、やはりかなりタイト。

私は身長166センチ、体重65キロですがLLサイズを着用してちょうど良い〜ややゆったりぐらいになります。

デザイン

 

唯一の難点としては、デザイン面ではあと一歩惜しいところだと思います。

全てのカラーで、派手な差し色が入っており、個人的には不要です。

また、ロゴマークもスポーティすぎてちょっとなあ。全体的に、もっとシンプルな感じでせめて欲しいですね。

とはいえ、非常に安価ですので、汚れてもOKな「割とどうでもいい防寒着」としてはかなり活用できると感じました。

まとめ

以上、ワークマンのダイヤフリース裏アルミベストについてでした。

モンベルやパタゴニアのフリースの存在意義を考えてしまうような、ナカナカの出来に驚きです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー