ワークマン レインスーツSTRETCH Perfect(R600)レビュー。「サブのカッパ」として超秀逸。

スポンサードリンク

ワークマン レインスーツSTRETCH Perfect(R600)レビュー

 

どうも、ワークマンマニアです。真打?のワークマンレインジャケットを現場で着用してきましたので、レビューをお伝えします。

税込4,900円と安価ながら、耐水圧10,000mm・透湿度8,000g/㎡/24hというハイスペック、さらにジャケットとパンツのセット販売でコストパフォーマンスの高さが際立つレインウェアです。

どんなジャケットなの?

R-006 透湿レインスーツSTRETCH

R-006 透湿レインスーツSTRETCH

 

「ワークマンのカッパ」といえば、もっともポピュラーなモノで「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」という型番のモデルが存在します。店頭に行くと、カッパコーナーの一番メインストリームにビニール袋に入って陳列してあったので、最初はそれを購入するつもりでした。

しかし、よくよく他の製品を含めて確認すると、そっくりな別のモデル「イージス R-600 レインスーツSTRETCH Perfect」があり、今回購入したのはこっち(ややこしいですね)。両者のもっとも大きな違いは「R-600」の方が透湿性が高い仕様となっています。(透湿度5,000g/㎡/24h→透湿度8,000g/㎡/24h)

 

平たく言えば、後継モデルという位置付けのようですね。しかしながらお値段据え置きとなっています。

店頭に新製品を案内するPOPなどがあると良かったのですが…お間違いなきよう。シレッと旧モデルと併売しています。

SPEC

製品名 R-006 透湿レインスーツSTRETCH  イージスR-600 レインスーツSTRETCH Perfect
耐水圧 10,000mm 10,000mm
透湿度 5,000g/㎡/24h 8,000g/㎡/24h
素材 ポリエステル100% ポリエステル100%
ストレッチ 有り 全方位 
カラー バーガンディレッド/ダークチャコール/ライムイエロー    グレー/ブラック/ライムイエロー/ブラック
価格 4,900円(税込)  4,900円(税込)

その他進化ポイント

  • パンツの裾の絞り:ボタンからマジックテープ
  • 生地のストレッチ:一定方向から全方向
  • 胸ポケット:止水ジップからフラップ付きファスナー
  • ブランド:FIELD CORE(フィールドコア)からAEGIS(イージス)

ディティール

前身頃

 

左胸にやや主張するイージスのロゴデザイン。(右後ろにもロゴ。)

胸ポケット

 

フラップ付きの胸ポケット。少し残念なのが、胸ポケットは止水ジップではなく普通のジップです。ちなみに旧モデルの「R-006 透湿レインスーツSTRETCH」は止水ジップ仕様でした。コストの兼ね合いでしょうか。

後ろ身頃

 

後ろ身頃は、いわゆるサイクルカット、と呼ばれ、前身頃よりも若干長い設定。

チャリやバイク乗車時に、リアタイヤから飛び散る飛沫をガードしてくれます。

フード

 

フードは帽子の上から被れる大きめ仕様。

ドローコードで絞ることも可能です。また、フード後端に紐が付いており、マジックテープでフードを固定したり、大きさを調整する事が出来ます。

首回り

 

首回りは、アゴのあたりまで覆うことが可能です。いわゆる「チンガード」的なレングス。

ただし、ファスナーを締め切ったところのフラップは無し。

 

以前ご紹介したワークマン DIALIGHT 2.5レイヤー レインジャケット(R031)にはフラップが付いており、浸水やファスナーが口に当たる不快感を軽減してくれていただけに、少し残念。

止水ジップ(YKK製)

 

フロントはYKK製の止水ジップ。この値段でYKK製の止水ジップ仕様は嬉しいですね。止水ジップあるあるで、少しジップの動作は固めですが十分に許容できるレベルのもの。

防水、防風のためのフラップも付いています。

縫い目にシームテープ

 

しっかりと縫い目にシームテープが張り巡らされており、防水性能に対するこだわりが垣間見えます。

安いからといって手抜きはナシですね。

インナーの肌触り

 

旧モデルと比べ、透湿性は向上しているとの事ですが、インナーの肌触りはあまり上質ではない感覚です。

少しペタペタした素材感。とはいえ着用した際は、不思議と肌に張り付くような感じはしないです。

ポケット

 

ポケットはスマートフォンが格納できる十分なサイズ。しかしこちらも止水ジップではなく、少し残念ですね。

その代わり、2重フラップなので浸水はあまりしないとは思いますが…

袖口(カフ)

 

袖口は、大判のマジックテープで絞れる仕様。水の侵入を防ぐディティールですね。半分はゴムが入っています。

ドローコード無し

 

裾のドローコードは無し。伸縮性の高いゴム素材のような仕上げです。ここは結構残念なポイントです…

ベンチレーションは無し

 

もう一つの残念ポイント。脇のベンチレーションはありません。

パンツ

 

付属のパンツです。素材感は上着と同様。ウェストは伸縮性の高いゴム。紐で調整します。

コストダウンの影響だと思いますが、フロントのジップが無いですね。

 

裾はマジックテープで絞る仕様。

MADE IN CHINA

中国製。まあどうでもいいところではあります。

重量

 

ジャケットの重量は、334g。参考までに、モンベルのGORE-TEX製レインウェア、ストームクルーザージャケットが246gです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です