ワークマン DIALIGHT 2.5レイヤー レインジャケット(R031)レビュー。シンプルかつ高機能。

スポンサードリンク

ワークマン DIALIGHT 2.5レイヤー レインジャケット(R031)レビュー

 

どうも、ワークマンマニアです。

DIALIGHT2.5レイヤー レインジャケットを購入してきたので、レビューしていきたいと思います。164cm、57kgでLLサイズ着用。

 

どんなジャケットなの?というところですが、三菱商事が開発した防水透湿マテリアル、DIALIGHT(ディアライト)を使用した「薄手のハードシェル」です。ソフトシェルジャケット、とも呼びますね。

私が使ったことのある製品で近いものですと、名作、パタゴニアのトレントシェルジャケットに近い感覚です。

 

もちろん、表面の生地感はちょっと違うのですが、裏地のラミネート素材の感じなどはそっくりです。(トレントシェルジャケットはナイロン製、これはポリエステル製という大きな違いはあります)

詳細を見ていきましょう。

SPEC

製品名 DIALIGHT 2.5レイヤー レインジャケット(R031)
耐水圧 10,000mm
透湿度 3,000g
素材 ポリエステル100%
SIZE LL
カラー レッド  
価格 2,900円

2.5レイヤーとは

 
2.5レイヤーとは?

ジャケットの素材の構造のことを表します。

2レイヤーは防水性の生地と透湿性の生地を張り合わせる作りのこと。

2レイヤーのジャケットの内側にベタつき防止の「ラミネートプリント」が施されているのが2.5レイヤーです。

ディティール

前身頃

 

さりげないロゴデザインと、リフレクター。非常に好みです。

後ろ身頃

 

後ろ身頃は、いわゆるサイクルカット、と呼ばれ、前身頃よりも若干長い設定。

チャリやバイク乗車時に、リアタイヤから飛び散る飛沫をガードしてくれます。

フード

 

フードは帽子の上から被れる大きめ仕様。

ドローコードで絞ることも可能です。

首回り

 

首回りは、アゴのあたりまで覆うことが可能です。いわゆる「チンガード」的なレングス。

 

さらに、ファスナーを締め切ったところにフラップが付いており、浸水やファスナーが口に当たる不快感を軽減します。

ガチのレインウェアには敵わないかもしれませんが、かなりこだわって作られていることがわかります。

止水ジップ(CMZ製)

 

止水ジップ。YKKではなく、CMZ(中国のブランド)製。止水ジップあるあるで、少しジップの動作は固めですが、十分に許容できるレベルのもの。

防水、防風のためのフラップも付いています。

2.5レイヤー

 

2.5レイヤー、ということでラミネートされた裏地です。細かな凹凸がつけられており、肌離れをすることでベタつきを防止する効果があります。

縫い目にシームテープ

 

しっかりと縫い目にシームテープが張り巡らされており、防水性能に対するこだわりが垣間見えます。

安いからといって手抜きはナシですね。

ポケット

 

ポケットはスマートフォンが格納できる十分なサイズ。さらに止水ジップ仕様で、雨の日に非常に実用的なものとなっています。

袖口(カフ)

 

袖口は、大判のマジックテープで絞れる仕様。水の侵入を防ぐディティールですね。ゴムは入っていません。

ドローコード付き

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です