[コラム]釣り具の転売は悪なのか?

スポンサードリンク

釣具の転売について

さて、ブログがネタ切れしてしまいました。というわけで、しょうもないコラムです。

釣具の転売について、個人的な意見をしたためたいと思います。

転売ヤーの存在

人気のルアーやタックルを転売して生計を立てる、いわゆる転売ヤーと呼ばれる方々がいらっしゃいます。

せどり、などという呼び方もありますよね。

 

購入した釣具を定価以上の価格で販売する。

商品の数よりも、欲しい人の方が上回ればプレ値で売れるぞ、と。

 

購入価格と販売価格の差分が、転売ヤーの利益となります。

最初から転売する目的で購入する、というところが転売ヤーか否か、というところだと思います。

基本的には個人の自由

まず前提として、転売するもしないも、基本的には個人の自由だと思います。

製品を購入した人の所有物ですから、販売者や第3者がコントロール仕切れないところで転売されるのはもう、防ぎようがないですよね。

 

ただし、非常に微妙なところがあって、チケットの転売屋が摘発されるなど、組織的かつ計画的にやっちゃうとマズイ。

人気アーティストのライブチケットや、ディズニーの限定製品が転売目的で買い占められたりすることが社会問題にもなっていますよね。

(チケットの転売目的での購入は、たとえ古物商の許可があっても、条例で禁止されているなど軽犯罪に繋がる可能性があります)

 

最近ではコロナウィルス対策としてマスクが品薄となり、マスクの転売などをしだす輩が登場する始末…

 

とはいえ、こっそり個人的にお小遣い稼ぎをする程度の転売ぐらいなら…と言う思いがないわけではありません。

ルアーがかわいそう

ただし、使われるために作られたルアーが、転売ヤーの日銭になるために売買の対象として扱われるのは、めっちゃかわいそうです。

もちろん、不要なルアーをメルカリやヤフオクで販売するのは良いと思いますが、購入当初から純然たる転売目的、というのはいかがなものか、と思います。

世のため人のためになっているか

そして、転売やせどりの一番の問題点は、世のため人のためになっているかどうか、というところです。

 

転売した人のお小遣いにはなりますが、それ以外の何かを生み出しているかというと、全く生み出していないですよね。

非生産的な行為というか、社会的に何も貢献しない行為であることは間違いありません。

 

多少は儲かるかもしれませんが、バリバリ毎月転売を続ける日々、というのは先がないですし、限界が見えています。

もちろん、クソブログも同様ですので、人のことを棚に上げて何を言ってんだ、と思われるかもしれませんね(笑)

まとめ

以上、釣具の転売は悪なのか?についてでした。

もちろん、「悪」とまでは言いませんが、あまり良い行いではないかな、というのが個人的意見です。

転売ヤーの方で気分を害された方がいらっしゃったらすいません。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

1 個のコメント

  • ただ、これ、中古釣具店とかで地域によって全く盛んでない釣りの種類の道具がそれこそ棄て値で格安で並んでたりするのを転売ヤーが購入しWebを駆使して全国的にオークションなんかで需用があるエリアに発信して流すという流れもありますからマーケットの地域格差と商品の分配など考えると何とも言えないですよね。
    新品ルアーのプレミア転売はもうそんな時代じゃないですから。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です