バス釣りレンタルボート考。早上がり賛成派?反対派?

スポンサードリンク

レンタルボート釣行の際、時間いっぱいにやるのが普通だと思っていたのですが、定刻よりも少し早く上がって午後を満喫する早上がり推奨派の方もいらっしゃいます。

考え方の違いではありますが、早上がりすることによるメリットを考えます。

 

もったいない!

私はどちらかというと、早上がり非推奨派です。

なぜならもったいないから。

せっかくガソリン代と高速代をかけてフィールドに出向くのに、早上がりするなんて、とてももったいないと感じていました。

貧乏性なのですw

ですのでいつも基本的には帰着ギリギリまでネバリストしています。

早上がりしてみた

そんな感じだったのですが、ある時一緒に居た友人の提案で早上がりをしてみる事にしました。

一本ずつレギュラーサイズが釣れていたのと、その後あまりにもノー感じだったので、心が折れたのです。

早上がりのメリット

早上がりすることによるメリットは以下のような感じでした。(当たり前な内容ばかりですw)

道が空いている

房総リザーバーに行った際は、帰りは必ずと言っていいほどアクアラインが渋滞していて、疲れた体を痛めつけてきますw

早上がりすれば渋滞にはまらず済みますね♬

これはかなりのアドバンテージ。

片付けが空いている

桟橋も空いていて片付けも楽です。

お隣さんに気を遣うことなく優雅に片付ける事が出来ます。

体が楽w

寝不足とkeep Castingによって疲れ果てた体を、早めに帰って労わる事が出来ます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です