16アルデバランBFS XGインプレ。5g以下を無理して投げる必要はあるのか。

スポンサードリンク

16アルデバランBFS XGのインプレです。超軽量スプールによって鋭い回りだしを実現するFTB。

驚異の軽量ルアーへの対応力をチェックしつつ、ベイトタックルで無理して投げる必要性を考えます。

’16 アルデバランBFS インプレ

 

シマノ ’16アルデバランBFS XG LEFTのインプレです。

左ハンドル&エクストラハイギア仕様になります。

SPEC

モデル 16アルデバランBFS XG LEFT 
ギア比 8.0:1
スプール径 32mm
最大巻上長 80cm
ライン
キャパシティ
8lb-45m
リール重量 130g
ハンドル長 84mm
ベアリング
ボール/ローラー
9/1 

ディティール

デザイン

 

尖った感じのちょっと変わったデザインですよね。塗装はグレーを基調とした落ち着いたイメージ。

賛否両論あると思いますが、見慣れてくると可愛く見えてきます(笑)

めっちゃ軽い(130g)

 

一番目を引くポイントは自重がたったの130gという点。ベイトリールとしては最軽量クラスと言える水準です。本当に軽く、オモチャみたいに感じます。

軽量な超々ジュラルミン製のメインギアと、マグネシウム製ボディの組み合わせで実現しています。

 

組み合わせるロッドとのバランス次第では軽すぎる、ということも起こり得ます。

ただ、ベイトフィネスで扱うことの多い軽量プラグやワームとの相性は抜群です。

ハンドル

 

ハンドルは、84mm。

シルバーとゴールドのダブルアルマイト加工が施されています。素材はジュラルミン。

 

超々ジュラルミン製のAvail オフセットハンドル LT 85mmを装着することで、さらなる軽量化をすることも可能です。

巻きの感触

 

巻き心地は、非マイクロモジュールギアながら、かなりスムーズでシルキーです。

精緻感の高い仕上がりで、シャッドやスモールクランクなどの巻きモノに使っても文句は出ない感じ。

 

また、XG(エクストラハイギア)仕様ということでいわゆる「巻き重り」が心配ですが、あまり感じません。

84mmのハンドル長がよくマッチングしています。

スプールの回転性能

 

搭載されているブレーキシステム、FTB(フィネスチューンブレーキシステム)の最大の特徴は、マグネットブレーキ化によってブレーキユニットとスプール本体が分離し、とにかくスプールが軽い!ことです

 

初期立ち上がりがとても鋭く、軽量ルアーに高度に追従してくれるので、ストレスの少ないキャストが可能です。

メガフォン形状のレベルワインダー

 

レベルワインダーがメガフォン形状となっており、ラインの抜けが良いですね。

特にPEラインセッティングにした際の、ノットの抜けが良いのは助かります。

実投インプレ

16アルデバランBFSを使って軽量ルアーを投げてみました。

ロッド:ファンタジスタ YABAI FCY62l
ライン:フロロ10lb
マグネット:8個

マグネットはデフォルトの6個だとセッティングがピーキーなので、8個にする方が全域で扱いやすくなります。

いつものネコリグ

ドライブクローラー5.5インチ+ネイルシンカー1.8gの組み合わせ。

ドライブクローラー5.5インチの自重は5.9g。1.8gのネイルシンカーを合わせると7.7g。フックの分がさらに+α。

ブレーキは3~4の間ぐらい。

まあまあスカッと飛び、気持ちいい。スプールの回転性能の高さをひしひしと感じます。

ミブロ デリンジャー

続きましてはミブロデリンジャー。7.7g。

とても気持ち良く投げれます。ネコリグよりも空気抵抗が少ない分距離が出ます。

ブレーキは3.5ぐらいでしたが、もうちょっと下げても良いかも。

ラッキークラフト クラッチXD

だんだん軽くしていきます。ラッキークラフト クラッチXD、6.4g。ブレーキは4ぐらい。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です