’19スコーピオンMGL インプレ。安価な高剛性系として魅力的なリール。

スポンサードリンク

’19スコーピオンMGLをシェイクダウンしてきたので、インプレです。(※購入後、半年経過したので追記しました。)

ソツの無いパワー系リールでした。安価な高剛性系として魅力が有ると思います。

シマノ ’19スコーピオンMGL インプレ

シマノ ’19スコーピオンMGL インプレ
 

SPEC

モデル 19スコーピオンMGL 
19スコーピオンMGL HG 19スコーピオンMGL XG
ギア比 6.2:1 7.4:1 8.5:1
スプール径 34mm 34mm 34mm
最大巻上長 66cm 79cm 91cm
ライン
キャパシティ
12lb-130m
(150番)
12lb-130m
(150番)
12lb-130m
(150番)
リール重量 210g 210g 215g
ハンドル長 84mm 84mm 90mm
シマノ(SHIMANO) リール 19 スコーピオン MGL 151 左

シマノ(SHIMANO) リール 19 スコーピオン MGL 151 左

18,537円(06/19 20:57時点)
Amazonの情報を掲載しています

シマノ ’19スコーピオンMGLのインプレです。購入したのは、XG(エクストラハイギア)の左ハンドル仕様。自重は215g。

 

フロッグ用にダイワのUVF フロッグデュラセンサー×8+Si2 4号(53lb)を巻いて、ノースフォークコンポジット NFX C66MHに載せて使用しました。少し特殊な用途におけるインプレですいません。

フロロでの使用感は後日追記します。

ディティール

シマノ ’19スコーピオンMGL サイドカバー
 

まずはどんなリールなのか、ディティールをチェックしていきます。

幅広ボディ

’16メタニウムMGLとの比較

シマノ  ’16メタニウムMGL ’19スコーピオンMGL 比較
 
シマノ  ’19スコーピオンMGL ’16メタニウムMGL 比較
 

’16メタニウムMGLと比べると、幅が広くて、前後が短い。

幅が広い形状は、なんかちょっとデカく見えますが、実はそこそこコンパクトです。

’18バンタムMGLとの比較

シマノ ’18バンタムMGL ’19スコーピオンMGL  比較
 
シマノ ’18バンタムMGL ’19スコーピオンMGL  比較
 

’18バンタムMGLより少し大きい感じです。まあサイズ感は、釣具屋で見比べていただければわかる話ではありますが、ネットで買う方へ向けて写真を載せておきます。

パーミングの感覚はバンタムMGLの方がややコンパクトです。

スプール幅が広い

'19スコーピオンMGL  スプール幅(25mm)
 

スプールの幅がとても広いのも特徴の一つですね。(25㎜)

'19スコーピオンMGL  スプール幅(25mm) バンタムMGLと比較
 

バンタムMGLの純正スプールと幅を比較してみました。

 

参考までに、シマノ各リールのスプール幅。

機種 スプール幅
’19スコーピオンMGL 25㎜
’18バンタムMGL 22㎜
’16メタニウムMGL 22㎜
’19アンタレス 19㎜

 

メリットとしては、サミング時に指の置き場の自由度が高まります。

デメリットは、ライン放出時に、レベルワインダーとの左右の抵抗が大きくなるような気がします。(気がする、というだけですw)

デカノブ

シマノ ’19スコーピオンMGL  純正ノブ(左 バンタムMGL 純正ノブ)
 

他のシマノリールと比べ、一回り大きいサイズの純正ノブを採用しています。

参考までに、左に置いたのはバンタムMGLの純正ノブです。

シマノ ’19スコーピオンMGL  純正ノブ
 

純正らしく、癖のない形状で、握り感は悪くないです。力を入れやすく、なかなか好印象。

絶妙な大きさで、高速回収時に邪魔になるといったこともありません。

クラッチレバー

'19スコーピオンMGL  クラッチレバー
 

左右対称な形状の、クラッチレバー。

すこし高さがあって、若干の違和感もありつつ、慣れれば許容できる範囲です。

'19スコーピオンMGL  クラッチレバー
 

クラッチを太陽光の元で見ると、赤いラメが入っている塗装でした。なかなか凝っています。

使いやすいハッチ

'19スコーピオンMGL  ブレーキハッチ
 

ブレーキ調整の際に開けるハッチはアンタレスと同じように、落ちないようになっている構造です。

これはイイですね。

メカニカルブレーキノブにスコーピオン(サソリ)マーク

'19スコーピオンMGL メカニカルブレーキノブ スコーピオン(サソリ)マーク
 

メカニカルブレーキノブには、誇らしげなサソリマークが塗装されています。

往年のスコーピオン、シマノファンにはたまらない意匠ですよね。

ただし良くも悪くも、シマノロッドに合わせる方がマッチングするデザインではあります。

フレームはアルミ製だが、両サイドプレートは樹脂

メインフレームはアルミ製ですが、サイドプレートは樹脂っぽい雰囲気です。

 

技術特性に「CI4+」とあり、CI4+素材が使われているようですね。軽量化につながるので良いと思います。

これによって剛性が下がるとか、そういったネガは、少なくとも素人アングラーには感じられませんでした。

 

…とはいえバンタムMGLの方がカッチリしている感じがするのは気のせいでしょうか。

MGLスプール

'19スコーピオンMGL MGLスプール 自重
 

MGLスプールです。自重は実測で約14g。 ワイドスプールのため、他機種のMGLスプールに比べてやや自重は重ため

(ベアリングレスなので、少し軽めの数値になっています。)

メタニウムMGL MGLスプール 重量
 

参考までに、’16メタニウムMGLのMGLスプール自重です。(同条件となるよう、ベアリングを外して計測。)

このたった1gちょいの差が、キャストフィールの差になってくるのです。

'19スコーピオンMGL MGLスプール + PE5号 75m
 

5号のPEを75mほど巻いた自重はこんな感じ。

やはり多めのラインキャパ(150番スプール、16lb-100m)ですので、ラインを巻きつけると少し重たくなってしまう印象です。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です