‘16アルデバランBFS XGオーバーホール【前編】。最高難度のネジ達が僕を苦しめる。

スポンサードリンク

’16アルデバランBFS XGのオーバーホールです。

最高難度のネジ達が待ち受けていました。

Wera製のドライバーが火を吹きます。

‘16アルデバラン BFS XG

今回のオーバーホールごっこの生贄は、’16アルデバランBFS XGです。

ハンドル周り

さっそくハンドル周りからバラします。

特に問題はない感じ。

B側

続いてB側。サイドプレートを上にスライドさせて、スプールを取ります。

「FTB(フィネスチューンブレーキシステム)」がこんにちわ。

こちらも問題ありません!(^ν^)

ギアボックスカバー

ギアボックスカバーを外します。 ネジは5つ。

まずは上写真の真ん中のネジ。

メインギア裏

それから裏側に4つ。まずはメインギア裏の2つ。(リール前方)

下側の皿ネジが要注意。ヤマが浅いうえに、結構カタイのでナメやすい。

リール後方の2つ

 

次にリール後方の2つ。(写真真ん中の縦2つです)

こっち側も、上が厄介な皿ネジ。

しかもドライバーが真っ直ぐ入らない位置にあります。

00番のドライバー推奨


皿ネジは「00番」のドライバー推奨です。

サイズが合っていないと、ナメってしまいそうです。

 

「Wera製ドライバー」の喰いつきの良さによって、事なきを得た…

かどうかは微妙なところですが、少なくともサイズは合わせたほうが良いと思います。

全部違うネジ

4つ全て違うネジなので、記録しておきます。ややこしいYO!

ご開帳

ギアボックスカバーが開きました。

ジュラルミン製のメインギアです。

メインギア注意!

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です