’19アンタレス インプレ。正しいハードベイト番長は、ブレーキ設定がピーキー?

スポンサードリンク

’19アンタレスのインプレです。ハードベイトの為の至高の34mm径リールでした。

キャスト&リトリーブを繰り返す釣りで右に出るものは居ません。

シマノ ’19アンタレス インプレ

シマノ ’19アンタレス HG RIGHT

 

SPEC

モデル 19アンタレス
ノーマルギア
19アンタレス HG
ギア比 6.2:1 7.4:1
スプール径 34mm 34mm
最大巻上長 66cm 79cm
ライン
キャパシティ
12lb-100m(70番) 12lb-100m(70番)
リール重量 220g 220g
ハンドル長 84mm 84mm

 

遠投重視の37mm径スプールを捨て、34mm径とした’19アンタレス。

賛否両論ですが、遠投はDC、DC MDがあるので、アンタレスユーザーを増やす正しい進化です。

用途を限定せずに最上級の気持ちよさを楽しみたい、というアングラーは少なくないはず。

’12アンタレスより販売台数が増えそう。シマノさん商売上手です。

ハイギア右ハンドルを導入

購入したのは、右ハンドル、ハイギア仕様。

主な用途は、ハードベイト全般、特に巻きモノメインで、ノーマルギアと非常に悩みましたが…

しかし抵抗が大きな巻きモノ以外は、ハイギアでも結構イケてしまうので、ファイト時の優位性を考慮しました。

左ハンドル待ちきれねえ…

 

左ハンドルを待っていたのですが、考え方を変え、右ハンドルに適応する事にしました。

中古リールも2倍選べて、関節への負担も2等分。

何よりシマノの謎ルール、右ハンドル先行販売にも対応できて、イイことしかない。

両刀使いが最強ということです。(謎)

極上のキャストフィール

 

期待通り、回転がウルトラスムーズで、超気持ちいい極上のキャストフィールでした。

振動やノイズが極めて少なく、静粛性も高いです。

 

回りだしのレスポンスも現行シマノリールの最高レベルで、バックラッシュしにくい。

ブレーキセッティングが決まれば、ほぼノーサミングでもラインが浮き上がらず、とても快適です。

 

ドーパミン出まくりで、無駄にキャスト&リトリーブを繰り返したくなります。

巻き心地はカルコン並みにシルキー

 

一般的に巻き心地がしっとりしているとされる真鍮(ブラス)製ギアを搭載。

もちろん、シマノお得意のマイクロモジュールギアとなっています。

陳腐な表現ですが、非常にシルキーな巻き心地ですね。もしかすると、同じくブラスギアを採用する、カルコン以上かもしれません。

剛性もスゴイ

剛性感もはんぱない。ロッドの上に、やたら硬い金属の塊がドカン!と置かれている感じ。

フレーム素材は、メタニウムMGLと同じマグネシウム製ですが、とても同じ金属とは思えないほどずっしり、がっしりしています。

操作しやすいブレーキダイヤル

 

やっぱりブレーキダイヤルは側面に付いているのが一番使いやすいですね。

’16メタニウムMGL、’18バンタムMGLとの違い

 

’16メタニウムMGLとの違いは…?

 

’16メタニウムMGLも、非常に優れたキャストフィールですが、’19アンタレスの気持ち良さは、さらにワンランク上です。

 

スプールレスポンスが非常に良いため、軽量ルアーへの対応力が恐ろしく高いのも特徴のひとつ。

具体的には、7g台のクランクベイトを、全く無理なく、向かい風も関係なしにスーッとロングキャスト可能。

投げるかどうかはさておき、えっ?こんな軽いルアーを無理なく投げれちゃうの??という驚きを感じられます。

 

軽量ルアーへの対応力は、’16アルデバランBFSと’16メタニウムMGLの中間ぐらい

ベイトフィネスリールの名前を出したくなるほど、優れています。

’18バンタムMGLとの違いは…?

正直言って、剛性感はバンタムも全然負けていません。

 

しかしナローなMGLⅢスプールがもたらす極上のキャストフィールだけは、アンタレスのみの特権。

同じMGLスプールですが、きっちり差別化してあります。

 

あらためて、バンタムMGLのキャストフィールの粗さを痛感しました。

(価格を考えるとかなり健闘していますが。)

ハードベイトが最高に気持ちいいリール。

自重は220g。バンタムMGLは215g、メタニウムMGLは175g。

その為、感度や操作性が必要な釣りはメタニウムMGLの方が向いています。

一方で、ハードベイトを扱う場合には、キャストフィールや巻き心地が最高級なアンタレスがおススメです。

クロームボディは傷に強い

 

また、フルクローム仕様のアンタレスだけの特権として、ボディ表面が強いです。置き傷が、非常につきにくい。

美しいボディをいつまでも保つことが出来ます。

 

そのうえ、サムレストが別体構造(部品表の70番)で、あのいまいましい、リール上部の置き傷が付いても復活することが出来ます。

これはぜひ、他のシマノリールも同様の構造にして欲しい…

 

とはいえ、クローム仕様の外装は部品代も高くて、4600円もしますが(笑)

気になった点

ここからはちょっと気になったポイントです。

ハンドルの色が不思議

 

ハンドルの色が、ディープグリーンメタリック的な感じ。(私の目には、超濃いグリーンに見えます)

高級感はあるのですが、ちょっとオヤジっぽい?初代ウィンダムのダークグリーンマイカを思い出しました。

最後のひと伸び感、はない

独特のキャストフィールであるには違いないのですが、12アンタレスのときのような最後のひと伸び感、は無くなりました。

ナロースプールのせい?クラッチ操作時やサミング時に違和感。

 

ナロースプールという事で、サミングしたとき、親指の居場所が狭い感じがしました。

そして、赤丸部分が結構もっこりしてるので、指に当たります。

ブレーキ設定がピーキー?

 

ブレーキ設定がやたら繊細で、思った通りの設定にし難いという噂が流れています。

メカニカルブレーキをいわゆるゼロポジション(スプールの左右のガタツキが丁度なくなる位置)にすると、どうSVSブレーキを設定してもバックラッシュが多発する、というもの。

 

ちなみに、私の個体は、メカブレーキをゼロポジションで、SVSブレーキブロックは4つON、あとは外部ダイアルで調整。

というごく普通のセッティングで問題なしでした。

 

しかし、実はちょっとしたコツがあるようです。

あまりにブレーキ設定がピーキーな場合、メカニカルブレーキはややキツメに設定すると調整しやすくなった、というユーザーがとても多いようです。

カスタム計画

’19アンタレス フルクローム仕様

 

 

早速、’19アンタレスをカスタムしました。純正ですでにカッコよく、カスタムが難しいですが…

純正の渋めなディープグリーンハンドルは、切削加工の美しいLIVRE CRANK Feather 100 (クランクフェザーハンドル 100)のチタンカラーに。

ハンドルノブは、LIVRE Finoノブのクローム仕上げ。

オフセットクロームクラッチ

 

クラッチはカケヅカ製作所のオフセットクラッチ (クロームメッキ&ブランキングモデル) を装着♪

フルクローム仕様の19アンタレスが完成!超似合う。ぬるぬるでカッコよすぎるぜ。

他の社外ハンドルも装着!

その他にもいろんな社外ハンドルでカスタムしてみました。

総評:ラグジュアリースポーツセダン

19アンタレスとTKツイスター(笑) 高比重ワームは笑っちゃうぐらいカッ飛びます。

 

全ての作動において、圧倒的精緻感を味わえる、ラグジュアリースポーツセダンのようなリールですね。

おそらく各部品の精度の高さや、組み付けの丁寧さが効いてるのでしょう。個人でバラすと劣化させてしまう可能性が高いですw

 

高級セダンでスピードを出したとき、車が良く出来ているため速度が低く感じますが、それと似たような感覚をアンタレスで味わいました。

ロングキャスト時に、滑らかで頑張ってる感が少ないのに、しっかりと距離が出ています。

まとめ

全てのアングラーにとって最上級のバーサタイルリールに仕上がっていました。

至高のキャストフィールは、他のリールでは決して味わえません。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

シマノ(SHIMANO) リール 19 アンタレス HG 右

シマノ(SHIMANO) リール 19 アンタレス HG 右

44,220円(10/21 21:08時点)
Amazonの情報を掲載しています
ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です