’19アンタレス インプレ。正しいハードベイト番長は、ブレーキ設定がピーキー?

スポンサードリンク

’19アンタレスのインプレです。ハードベイトの為の至高の34mm径リールでした。

キャスト&リトリーブを繰り返す釣りで右に出るものは居ません。

シマノ ’19アンタレス インプレ

'19アンタレス HG RIGHT インプレ

シマノ ’19アンタレス HG RIGHT

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥45,287 (2021/06/16 23:17:36時点 Amazon調べ-詳細)
 

SPEC

モデル 19アンタレス
ノーマルギア
19アンタレス HG
ギア比 6.2:1 7.4:1
スプール径 34mm 34mm
最大巻上長 66cm 79cm
ライン
キャパシティ
12lb-100m(70番) 12lb-100m(70番)
リール重量 220g 220g
ハンドル長 84mm 84mm

 

遠投重視の37mm径スプールを捨て、34mm径とした’19アンタレス

賛否両論ですが、遠投はDC、DC MDがあるので、アンタレスユーザーを増やす正しい進化です。

用途を限定せずに最上級の気持ちよさを楽しみたい、というアングラーは少なくないはず。

’12アンタレスより販売台数が増えそう。シマノさん商売上手です。

ハイギア右ハンドルを導入

購入したのは、右ハンドル、ハイギア仕様。

主な用途は、ハードベイト全般、特に巻きモノメインで、ノーマルギアと非常に悩みましたが…

しかし抵抗が大きな巻きモノ以外は、ハイギアでも結構イケてしまうので、ファイト時の優位性を考慮しました。

1年以上使い込みました

https://www.instagram.com/p/B3OV5fRpJtH/?utm_source=ig_web_copy_link

1年以上使い込み良いおサカナとの出会いもありました。ノイズ知らずな巻き感は巻きモノルアーをやる場合に強力な武器になります。リトリーブ中の違和感が本当に感じやすいですね。

また、分厚いフルメタルで構成されたボディは極めて剛性感も高く、全くブレないため非常に気持ちいい。

チャター、スピナベ、シャッドテールなど最高ですね。

4ピースのパックロッド、JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61Cに載せて40UP。MGLⅢスプールは3/8ozのスピナベ(ボトムアップのビーブル)をめちゃくちゃ気持ちよくキャスト出来ます。

ブリブリのデカバスもトルクのある巻き感でグリグリ寄せることが可能でした。アンタレスで釣れるバスは特別な気持ちにさせてくれます。

左ハンドル待ちきれねえ…

'19アンタレス HG RIGHT 右ハンドル

 

左ハンドルを待っていたのですが、考え方を変え、右ハンドルに適応する事にしました。

中古リールも2倍選べて、関節への負担も2等分。

何よりシマノの謎ルール、右ハンドル先行販売にも対応できて、イイことしかない。

両刀使いが最強ということです。(謎)

極上のキャストフィール

'19アンタレス HG RIGHT キャストフィール

 

期待通り、回転がウルトラスムーズで、超気持ちいい極上のキャストフィールでした。

振動やノイズが極めて少なく、静粛性も高いです。

 

回りだしのレスポンスも現行シマノリールの最高レベルで、バックラッシュしにくい。

ブレーキセッティングが決まれば、ほぼノーサミングでもラインが浮き上がらず、とても快適です。

 

ドーパミン出まくりで、無駄にキャスト&リトリーブを繰り返したくなります。

巻き心地はカルコン並みにシルキー

'19アンタレス HG RIGHT 巻き心地

 

一般的に巻き心地がしっとりしているとされる真鍮(ブラス)製ギアを搭載。

'19アンタレス HG RIGHT メインギア
 

もちろん、シマノお得意のマイクロモジュールギアとなっています。

ギアの歯の細かさ、いわゆるモジュール値はカルカッタコンクエストと同様です。

 

陳腐な表現ですが、非常にシルキーな巻き心地ですね。もしかすると、同じくブラスギアを採用する、カルコン以上かもしれません。

MGLスプールⅢ(マグナムライトスプール スリー)

'19アンタレス HG RIGHT MGLスプールⅢ
 

搭載されているMGLスプールⅢ(マグナムライトスプール スリー)の自重を計測しました。

スプールベアリング込みで、13.23g

'19アンタレス HG RIGHT MGLスプールⅢ
 

スプールベアリング無しで計測すると、11.77gしかありません。

現状、MGLスプールを搭載するシマノリールの中でもっとも軽いスプールです。なるほど、これはキャストフィールが良い訳です。

'19アンタレス HG RIGHT MGLスプールⅢ 比較
 

一番左が、’19アンタレスのMGLスプールⅢ(マグナムライトスプール スリー)です。

幅が19mmの、いわゆる「ナロースプール」ということもあり、かなり小さいということが伝わりますでしょうか。

要するに、コンパクトで回転レスポンスの良いスプール、ということです。

剛性もスゴイ

'19アンタレス HG RIGHT 剛性感
 

剛性感もはんぱない。ロッドの上に、やたら硬い金属の塊がドカン!と置かれている感じ。

メインフレーム素材は、メタニウムMGLと同じマグネシウム製(サイドプレートはアルミ)ですが、とても同じ金属とは思えないほどずっしり、がっしりしています。

操作しやすいブレーキダイヤル

'19アンタレス HG RIGHT ブレーキダイヤル

 

やっぱりブレーキダイヤルは側面に付いているのが一番使いやすいですね。

’16メタニウムMGL、’18バンタムMGLとの違い

'19アンタレス HG RIGHT '16メタニウムMGL '18バンタムMGLとの違い

 

’16メタニウムMGLとの違いは…?

'19アンタレス HG RIGHT '16メタニウムMGLとの違い
 

’16メタニウムMGLも、非常に優れたキャストフィールですが、’19アンタレスの気持ち良さは、さらにワンランク上です。

 

スプールレスポンスが非常に良いため、軽量ルアーへの対応力が恐ろしく高いのも特徴のひとつ。

具体的には、7g台のクランクベイトを、全く無理なく、向かい風も関係なしにスーッとロングキャスト可能。

投げるかどうかはさておき、えっ?こんな軽いルアーを無理なく投げれちゃうの??という驚きを感じられます。

 

軽量ルアーへの対応力は、’16アルデバランBFSと’16メタニウムMGLの中間ぐらい

ベイトフィネスリールの名前を出したくなるほど、優れています。

’18バンタムMGLとの違いは…?

正直言って、剛性感はバンタムも全然負けていません。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です