シマノ スピニングリールBEST BUY。

スポンサードリンク

シマノスピニングリール入門!

初めてシマノのスピニングリールを購入する方に向けて、よく迷うであろう機種それぞれの特徴をまとめてみました。

私が初心者の頃、リールをチョイスするときに気にしていたのは、自重、ボールベアリング数、価格。

たったそれだけの要素でリールを選んでいました。

でも本当はもっとチョイス時に気にして欲しい点があります。

そこで、どんなところが違うのか比較し、ざっくりとまとめてみました。

’16ナスキー

自重  250g(2500HGS)
ボールベアリング数  4
定価  12,500(税抜き)

コスパは良い

まずはエントリーモデル、’17ナスキー。

X-SHIP,HAGANEギア(耐久アルミ冷間鍛造ギア)、コアプロテクト…

とこれまでエントリーモデルに搭載されていなかった仕様が標準となり、ついにここまできたか、というハイコストパフォーマンスエントリーモデル。

特にギア素材が、亜鉛ギアから、ハガネギアになったのは大事件。

少し前まで、定価3万円以上のリールにしか搭載されていなかった仕様です。

これにより、巻きごこち、耐久性は大きく向上しているはずです。

重い樹脂ボディ

ただし、バス釣りに使うには、自重の重たさはいかんともしがたいところ。(2500HGSで、250g)

マテリアルは、樹脂ボディ+樹脂ローターの組み合わせ。

ソルトのジギングなどに、キズや汚れを気にせずガンガン使いたい場合はオススメですが、バス釣りのライトリグ使用時には重さがアダとなりそうです。

軽けりゃいいってもんでもないですが、基本的には「軽量=感度」。

ロッドとのバランスを考えて、あえて重たいリールをチョイスする事はありますが、この自重ではそれ以前の問題。

ここはもう少し頑張って欲しいところです。

キャップ固定式のハンドル

ハンドルがねじ込み式ではなく、キャップ固定式なのも大きなマイナスポイント。

キャップ固定式

写真は、キャップ固定式の例。

キャップ固定式は、ハンドルに長いシャフトのようなモノが付いており、それをメインギアに通して、反対側のキャップで固定します。

ハンドルを回すと、反対側のキャップもぐるぐる回るので、「供回り式」とも言いますね。

剛性感や耐久性が劣る、と言われています。

やっぱりブレます。以前ナスキーの古いモデルを使っていましたが、気になります。

ねじ込み式

対して、ねじ込み式は、メインギアとハンドルを直接ねじ込んで固定する方式。

一定以上のクラスのリールはすべてこの方式。

ベールとラインローラー

「ワンピースベール」は不採用。

ベールとラインローラーの形状の段差が大きく、ライントラブルの元になりそうです。

ナスキーまとめ

コストパフォーマンス的には魅力もありますが、安価な分、しわよせも確実にある、というのが正直なところ。

’17アルテグラ

自重  240g(2500HGS)
ボールベアリング数  5
定価  16,800(税抜き)

続きましては’17アルテグラ。

個性を失った

旧モデルは、ヴァンキッシュを筆頭とする、「クイックレスポンスシリーズ」の最廉価モデルとして、ci4+製ローターを装備。

タダのエントリーモデルではない、とがった個性を持ったリールとしてその地位を築いていました。

しかし、’17年にモデルチェンジした今作は、「コアソリッドシリーズ」へ方向転換。

ローターは高強度樹脂製へとダウングレード。

ローター自重も重くなり、売りだったポイントは消滅。

ただのつまらない廉価リールに成り下がってしまいました。

進化している点も

ただしメインギアの素材が亜鉛ギア→超々ジュラルミンになっていたり(ナスキーと同じですね)、

剛性感や重量バランス、巻き心地などは世代を経て熟成はされているはずなので、一概に良くない、とは言い切れませんが。

前作のとがった個性は薄まったように思います。

「コレじゃないと!」感がなくなってしまった。

’15ストラディック

自重  230g(2500HGS)
ボールベアリング数  6
定価  25,200(税抜き)

そして’15ストラディック。

ストラディックCI4+の廉価版ではありません。

明確に狙いどころが違うのが、このストラディック。

アルミボディ

ボディ素材はタフネスなアルミボディ。

耐久性や剛性感は、下位モデルの高強度樹脂製ボディのリールとはケタ違い。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です