JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61Cインプレ。厚巻き素材で無理の効くパックロッド。

スポンサードリンク

JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61Cのインプレです。

ある程度無理の効くブランクスで、これ一本でいろいろやりたい!という場合、最適です。

JetSlow×TULALA ジェットセッター[JetSetter] 61C

 

SPEC

Length 6ft1in
仕舞寸法 約50センチ
自重 約153g
継数 4ピース
適応ウェイト 5〜28グラム
適応ライン  〜4号(PE) 〜14lb(ナイロン、フロロ)
ロッドクラス  M〜MH
対象魚   〜10kgまで

旅のお供として、いつでもどこでも釣りができるように、パックロッドを購入しました。

元ルアマガ編集長の水口氏が主宰するJetSlow「冒険用品」と、怪魚ハンターにおなじみのロッドブランド、TULALAがコラボレーションした、「ジェットセッター[JetSetter] 61C」と言うモデルです。

 

4ピースで、仕舞寸法が50センチ。非常に可搬性に優れており、「プレデター」と呼ばれるターポリン素材の専用バッグも付属。

バッグには偏光サングラスと、リールが一つぐらい入る余裕あり。2〜3本パックロッドを入れることも出来ます。

 

ガイドはバット側から3個がダブルフット、残りはシングルフット。印籠継ぎ仕様になります。

 

リールシートはFuji製のベーシックな感じのもの。

 

家族旅行のついでに釣り!とか、営業車に釣竿積んじゃえ!とか、色々と夢が広がります。

極めてスマートに、「ついで釣行」ができるようになる。

パックロッドが一つあるだけで、釣りをする機会が大幅に増えるんじゃないか、と思っています。

中弾性厚巻きブランクス

 

特に公式でそういった説明があるわけではないのですが、TULALAロッド特有の中弾性、厚巻ブランクスといった雰囲気です。

がっしりもっちりしており、耐久性に優れた感覚。

 

その代わり、M〜MHパワーのクラスのロッドとしては少し重たく、実測で約153g。

無理が効く

 

もっちり系のややレギュラーテーパー気味の特性によって、幅広いウェイトを背負えるロッドです。

 

1/16ozのネコリグから、1ozのダッジまで、本当に、どちらも違和感がない。

決して、大げさに言っている訳ではありません。

良く曲がる

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

ウィードバス #バスフィッシング #バス釣り #bassfishing

ikahimeさん(@ikahimenet)がシェアした投稿 –

45クラス、キロフィッシュぐらいのバスを掛けたのですが、とても良く曲がります。しっかりと弧を描く。

しかしパワー負けはせず、ブランクス全体でトルクを出すタイプで、気持ち良く寄せられる。

ウィードの多い釣り場だったのですが、ウィードごとまとめて引きずり出すことが出来ました。

ほぼ思いのままファイト出来たように感じます。

60クラスのシーバスにも負けないパワー

 
 

60クラスのシーバスとのファイトも、主導権を渡さず、ゴリ巻きしてキャッチ出来ました。

この日は、横浜のドブ川でオカッパリシーバスナイトゲームを楽しんだのですが、仕舞寸法が小さいパックロッドであれば、仕事帰りなどにもサクッと行けちゃいますよね。

 

1.5号のPEライン+フロロカーボン5mというロングリーダーセッティングでしたが、61Cは、PEラインとの相性も良いですね。

PEラインは低伸度なので、合わせるロッドによってはバラしやすい、弾きやすいといったデメリットがあります。

しかし61Cならば、もっちりとしたブランクスの適度なクッション性で補ってくれます。

また、ガイドが小さすぎないのでノットの抜けも良いですね。

クランクベイトなどの巻物にも良い

 

巻きモノへの適応力が非常に高いですね。ツララのHPに記載のある、「旧素材の良さ」というのはこういう事なのか、と感じました。

グラスコンポジットロッドにも近い味わいがあります。

キンキンのカーボンロッドで巻きモノをやると、振動が伝わり過ぎて辛いことがありますが、61Cにそういう悩みはありません。

いい意味で緩めのブランクスがサスペンション効果を生み出してくれるため、むしろ巻モノを積極的にやりたくなるロッドです。

しかしだるさは最低限

 

かといって、だるんだるんで感度が悪い、という事が無いのが非常に上手なところです。

ワーミングをやっても、感度が悪いという感じはしません。もちろん、高感度を謳うジグ・ワーム用ロッドと比べれば、もちろん劣ります。

しかし、こりゃやってられないよ、という感じではない。

一本でいろんなことをやりたい、というパックロッドならではの、高い汎用性で、非常に良く計算されていると思います。

味わいのあるデザイン

 

抹茶色なブランクスが非常に味わい深いですよね。ホントシブいカラーです。

それと、グリップに近いバット部分に、柔らかい凸凹したエクストラグリップ?があしらわれています。

怪魚ハンティングする際に、ドラグが出て行く時にロッドを支えるための装備だそう。

個人的にバス釣りにおいては使う機会がありませんが、このロッドのチャームポイントだと思います。

近代的な短めのセパレートグリップ

 

近代的な、セパレートグリップ。

6ft1inのレングスに非常にマッチしていると思います。取り回しがよくて扱いやすい。

迷ったロッド

61Cを購入した際に、比較対象として、めっちゃ悩んだロッドが、

・フエルコのXT-610-4C

Huerco フエルコ フィッシングロッド XT610-4C プラス

Huerco フエルコ フィッシングロッド XT610-4C プラス

41,040円(05/24 22:37時点)
Amazonの情報を掲載しています

・フエルコのXT510-4C

あくまでバーサタイルなミディアムクラスのロッドとして使う、と言う前提で、両者と釣り具屋で比較。

XT-610-4Cではやや強すぎるような感じ、かといってXT510-4Cでは少し弱い感じ、61Cは、ちょうど両者の中間ぐらいの強さでした。

 

フエルコはロクテンもゴーテンも、グリップがかなり長めで、怪魚ハンティングの際に力負けしないような特性になっているように感じました。

短めのグリップで取り回ししやすそうな、61Cにした、という感じです。参考までに。

正直、高い

お値段は正直、高いですよね。ロッドを収納する際のロッドベルトぐらいは付属してくれても良いかな、と感じました。

でも、かなり拘りを持って作られた感はひしひしと伝わってきます。

バーサタイルなパックロッドとして、完成された逸品ではないでしょうか。良いロッドです。

まとめ

以上、JetSlow×TULALA JetSetter 61Cのインプレでした。

※現状、品切れ状態で買えないです。入手しにくいのは欠点の一つですね(汗

強い番手の69Cのリンクを貼っておきます。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です