’19スコーピオンMGLはMMギアの普及機。だけどあと一歩。

スポンサードリンク

深紅の’19スコーピオンMGLがデビューしましたね。

実売2万円台前後で、マイクロモジュールギア&MGLスプールを搭載という驚きのコストパフォーマンス。

ついに、マイクロモジュールギアの大衆化が始まりました。ただし、後一歩使い易いスプールサイズが欲しいところです。

シマノ ’19スコーピオン MGL

 

深紅のカラーをまとって登場した、’19スコーピオン MGL。

最大のトピックは、定価27,000円のリールへのマイクロモジュールギアの搭載だと思います。

※追記 19スコーピオンMGL、購入しました

19スコーピオンMGLを購入したので、インプレを執筆いたしました。

MMギアを搭載した、安価なパワー系リールでした。

マイクロモジュールギアの大衆化

いやはや。ついにマイクロモジュールギアが、高価なハイエンドモデルだけの装備ではなくなってしまう訳です。

昨年までのバスリールのラインナップの中で、最も最安なモノでクロナークMGLにMMギアが採用されておりましたが、それでも実売2万円台半ばといったところ。

’19スコーピオンMGLの登場で、ついに実売2万円前後のリールにMMギアが搭載されちゃうんですね。嬉しいやら悲しいやら。

クラドKベースっぽい

 

ところで、’19スコーピオンですが、米国限定販売のリール、クラドKがベースモデルである可能性が高そうです。(※あくまで形状や、仕様から推測しただけです)

クラドKについては、マサキのバス釣りノートさんの記事が詳しいです(*’▽’)

 

中堅モデルでありながら、MMギアやNEW SVSインフィニティ等を装備した、コストパフォーマンスに優れたモデルです。

超渋い深緑をアクセントとしたカラーリングや、日本未発売という希少性も相まって、かなり気になるモデル。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー