シマノ ’16メタニウムMGL インプレ。旧世代と比較。とろけるキャストフィールは隔世の感。

スポンサードリンク

各方面から、高い評価の16メタニウム。軽量ルアーの投げやすさ、シルキーな巻きごこち…

お爺ちゃん世代の’07メタニウムMgと比較し、その存在価値を考えます。

シマノ ’16メタニウムMGL インプレ

’16メタニウムMGL インプレ

 

スゴイスゴイと聞く、シマノ ’16メタ二ウムMGLついに入手し、手元にあった’07メタ二ウムMg7と比較しました

ほぼ10年近い歳月が流れている訳ですが、結果やいかに。

(本当は13メタ二ウムと、3世代比較がやりたかった..しかし持ってないので、おじいちゃんと孫の比較しますw)

SPEC

モデル 16メタニウムMGL HG
ギア比 7.4:1
スプール径 34mm
最大巻上長 79cm
ライン
キャパシティ
12-100、14-90、16-80、20-65
(70番)
ベアリング数 10/1(S A-RB/ローラー)
リール重量 175g
ハンドル長 84mm

07メタと16メタの違い

 

左) '07メタニウムMg 右)'16メタニウムMGL 比較

左) ’07メタニウムMg 右)’16メタニウムMGL 比較

 

軽量ルアーへの対応力

軽量ルアーへの対応力が、もっとも差がつく部分

3/8oz(11g)以下のルアーもストレスなく投げれます。

NEWマグナムライトスプール、すげえ。

 

出典:SHIMANO

左が、16メタ二ウムMGLのマグナムライトスプールです。ご覧の通り、スプール側壁が穴ぼこだらけ

回転軸から遠いところが肉抜きされていて、回り始めのレスポンスに優れています。

フィギュアスケート選手のスピン

どうして、回転軸から遠いところが軽くなると、よく回るのか。「慣性モーメント」ってやつですね。

フィギュアスケートの選手が、スピンをしているとき、広げた両手を体の中心に持っていくと、回転が速くなります。

それと同じことがスプールにも言えます。

キャスト音がめっちゃ静か

’16メタニウムMGL サイレントチューン ベアリング
 

「サイレントチューン」技術により、キャスト時の消音性能が非常に高い。

その一環で、スプールシャフトを支えるベアリングの外側に、ゴムのOリングが装備されています。

ブレを抑え、静粛性や、キャストフィールを高めています。見えないところにもしっかりコストをかけた作りです。

巻きごこち

マイクロモジュールギアの、シルキーな巻き心地は高く評価出来ます。

07メタ二ウムMgは明らかに劣ります。

ブレーキ調整のしやすさ

’16メタニウムMGL ブレーキダイヤル
 

NEW SVS INIFINITYは、外部調整ダイヤル付き。ダイヤルの位置はイマイチかな。

07メタは外部ダイヤル無しでハッチを開けてブレーキ調整します。結構めんどくさい

07メタマグからの進化に驚き

’16メタニウムMGL インプレ '07メタニウムMgからの進化

 

16メタ二ウムMGLの総合力は高く、新世代の中核を担うベイトリールとして、完璧な存在です。予算に余裕があればオススメ。

’07メタ二ウムMg時代からの進化は、驚くほどです。ワンキャストではっきりとその差が感じられるでしょう。

MGLスプール重量

’16メタニウムMGL MGLスプール自重(スプールベアリング込み)
 

MGLスプールの自重を計測しました。スプールベアリング込みで、実測14.26g。

’16メタニウムMGL MGLスプール自重(スプールベアリング抜き)
 

スプールベアリング抜きで、12.65gとなり、非常に軽量に仕上がっています。これが、’16メタニウムMGLの優れたキャストフィールを実現する秘密です。

 

スプールベアリングはリール側にマウントされて、回転レスポンスを下げるものではありません。

なので、キャストフィールに影響のある部分の重量については、このベアリング抜きの数値を考慮すれば良いかな、と思います。

ちょうど良いラインキャパシティ

’16メタニウムMGL ラインキャパシティ

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です