バス釣りに行こう。 3万円でずっと使える初心者向け オススメタックル。ベイト編

スポンサードリンク

バス釣りに行きたい。だけど釣り道具の知識が全くない。

そんなバス釣り初心者の方に、管理人オススメの初心者向けタックルをスピニング編、ベイト編と2部に分けてご紹介。

第2部である今記事では、初めてのベイトタックルにオススメのロッド、リールをご紹介します。 

長文注意ですw

ロッドの素材、ガイドの素材★

オススメのタックルをご紹介する前に、まずはリールやロッドについて基本的な事項を少しだけ説明します。

この記事では、ロッドの素材、ガイドの素材について説明しますね★

ロッド(竿)の素材について

DSC_9400

 

バス釣り用のロッドは、ざっくりといって、2つの素材があります。

主流は、カーボン製のロッド。

そして、ちょっと特殊な存在、グラス製のロッド。

カーボン

炭素繊維素材ですね★

テニスラケットや自転車のフレーム、あらゆる分野で使用されています。

バス釣り用の釣り竿のほとんどは、カーボン製です。

グラス

グラスファイバー、つまりガラス繊維ですね★

グラスコンポジットといって、カーボン繊維に、グラス素材を混ぜたロッドが主流です。

巻物、主にクランクベイトなどを扱うのに、適した素材ということで、専用性の高い素材としてラインナップされています。

最初の一本としては不適合なので、ここではこんなものもある、という程度の認識で良いと思います。

ガイドについて

ガイド

ガイド

 

ライン(糸)を通す穴を、「ガイド」と呼びます。

この、ガイドの素材も、ざっくりいって3つの素材があります。

軽く解説しますね★

SiC

最も使われている素材。(エスアイシー)と読みます。

私は最近まで(シック)って呼んでましたw ハズカシイ…

9割方のロッドでこの素材によるガイドが使われています。

硬さはほぼダイヤモンドに匹敵し、摩擦係数が低く、ラインに負担をかけないマテリアルなので、多くの釣り竿に使用されています。

しかし、高価なのが最大のウィークポイントで、ロッドの価格を上げている要因のひとつでもあります。

アルコナイト

SiCの次に、有名なヤツ、アルコナイト。

なんといっても、SiCに比べて、6割ぐらいの価格という、コストパフォーマンスが最大の特徴。

とはいってもまだまだ認知度、普及度ともに低いのが現状です。

しかしバスフィッシングの本場、アメリカではごく一般的なガイド素材として、普及しています。

国内市場では、SHIMANOの優良ロッド、’ゾディアス’シリーズに採用されているのが有名。

SICと比較するとやや硬度が劣るそうですが、実際に使用してみると、ほとんどネガな部分は見当たらない、第二のガイド素材です。

トルザイト

一言でいうと、やべえ高いヤツw

2013年ごろに登場した、SiCよりも総合力の高い素材。

SiCよりも薄く、小さく作れるんですね。

軽量化を極限まで求めた、一部の高級ロッドのみに採用される、雲上系ガイド素材です。

当然、ここでご紹介するロッドには使われていませんので、こんなものがあるんだあ、程度で良いと思います。

 

 

オススメロッド

エクスプライド1610M

エクスプライド1610M

さて、ロッドやガイドの素材について軽く説明したところで、本題のオススメロッドに話を移します。

オススメスペック

まず、’はじめてのベイトロッド’にオススメのスペックです。

・カーボンロッド
・M~MHの硬さ
・6フィート6インチ~7フィートぐらいまでの長さ

ロクテンミディアム

さらに細かく言うと、「ロクテンミディアム」というキーワードを基準にするといいと思います。

’ロクテン’は竿の長さ、’ミディアム’は竿の硬さのことですね★

6フィート10インチの、ミディアムパワーの竿が現代バスフィッシングにおいての、基準となる仕様です。

(異論があるかもしれませんが、ここではあえて言い切りますw)

★シマノ エクスプライド166M

 

★シマノ ゾディアス1610M

※エクスプライドシリーズは、2017年2月にフルモデルチェンジします。

ここに掲載したのは、モデルチェンジ前のモデルになります。

モデルチェンジの関係か、1610Mが在庫切れになっていたので、166Mを掲載します。

166Mも良い竿ですが、オカッパリメインでやる予定なら1610Mがオススメです。

 

エクスプライドorゾディアス

エクスプライドか、ゾディアスか

エクスプライドか、ゾディアスか

 

エクスプライドか、ゾディアスか、どっちがいいのか。

まず前提として、最近の廉価竿は大変高性能になってきており、ゾディアスでも十分以上の性能を発揮します。

というか、ゾディアスは決してエクスプライドの廉価竿ではありません。

狙いが違います。

どう違うのか

無理を承知で一言で言い表すと、ゾディアスはもっちりで、エクスプライドはシャッキリです(爆

両者の特徴

両者の特徴はそれぞれ以下のようになります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー