【バス釣り考】喰えない魚釣って何が楽しいの?に対する私の回答。

スポンサードリンク

「喰えない魚釣って何が楽しいの?」

バスフィッシングに傾倒しているアングラーが、飲み会の席などで必ず聞かれるこの質問。

真面目に答えてみたいと思います。

バス釣りはキャッチアンドリリースの文化。

 

あえてここで公言する必要は全くないのですが、バスフィッシングは、キャッチアンドリリースの文化です。

基本的に、釣れたらその場で即リリース。大会等でライブウェル(生け簀)に一時的にキープする事はあるものの、その後は同様です。

 

そんなバスフィッシングの文化ですが、釣りをやらない一般人から見れば、「喰えない魚釣り」というある種の謎行動です。

しかし、当のバスアングラーから見れば全く謎でないのですが、その理由を私なりにまとめます。

シモツさんの記事

今回の記事は、鹿児島発信のバス釣りブログ、SHIMOTSUMAGAZINEさんの記事ネタをパクらせていただきましたw

 

運営者のshimotsuさんはフロントエンドエンジニアで、つまりWeb屋がやっているバス釣りブログ、との事で、境遇が似ているため勝手に親近感を持っています。

記事ネタの切り取り方、美しいサイトデザイン、あとライティングスキルも素晴らしい。見どころ満載の数珠のコンテンツは要チェックです。

 

…という訳で、shimotsuさんの素敵な記事に乗っかり、「喰えない魚を釣って何が楽しいのか?」に対する回答をします。

喰えないことによるデメリットより、バスフィッシングで得られるプレジャーが上回る

 

単純に損得勘定で考えると、喰えないというデメリットよりも、バス釣りを通じて得られるフィッシングプレジャーが上回るから、バス釣りをしています。

ただ、それだけではありません。

バスアングラーは、バスに愛情をもって接している

 

喰う、喰えないという次元ではなく、バスアングラーはバスに対して、とても深い愛情をもって接しています。

これは私個人だけの話ではないと思っています。

 

というのも、バス釣りブログを運営して、ブラックバスの生態などの記事を書くと、驚くほど多くの反響があります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

5 件のコメント

    • ありがとうございます!個人的に食べたことはありませんが、美味という話は聞きますよね(*’▽’)
      喰えない、というのは語弊がある表現でした、失礼しました(;´・ω・)

  • あとは現実として、食べなくても済む。というのも魅力の一つです。独身層だと釣りから帰って睡眠不足の中持ちかえった魚を捌くのが苦痛で釣りやめたという人も中には居ます。家庭持ちでも嫁さんが魚嫌いで持ち帰ると怒られるとかそんな話も多いです。
    食べるという事をしなくてもいいというのも実はそれぞれの人によっては深刻で重要なのかもしれません。
    近所の川や沼でクチボソやフナでも釣って遊ぶというニュアンスの延長にバスフィッシングが有るのでしょう。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です