いつも見ているバス釣り系YouTuberまとめ。

スポンサードリンク

いつも見ているバス釣り関係のYouTubeチャンネルをまとめました。

釣りデルタ東京

釣りデルタ東京さんは、岩田ジュビ漏氏が運営するバス釣り系YouTubeチャンネルです。

ゲーム関連のお仕事が本業でいらっしゃるようですが、バス釣りYouTubeにガチで力を入れてる感がはんぱない笑

 

バス釣りに限らず、マグロ釣りなどオフショアフィッシングにも挑戦されています。

私とメインフィールドが同じ(三島湖でレンタルボート釣行など)ところや、エンジョイフィッシングな感じが非常に共感出来ます。

 

ジュビ漏さんとヤマティーさんのやりとりがクスッと笑えて、自分が友人と二人で釣りに行ったような感覚が楽しいですね(^ ^)

 

最近見た動画では、ブラックバスの養殖業者さんの養殖ブラックバスを釣る動画が大変興味深かったです。

とあるルアーを投げると爆超する、というのがとても印象的でした。

釣光TV

釣光TVさんは、関東レンタルボートフィッシングをメインとしたYouTubeチャンネルです。

特にブルフラットやジグストの動画が勉強になります。私はジグストで釣れる気が全然しないので笑

 

他にもNZクローラーや、ブルシューター、コードネームバスなどストロングスタイルでビッグバスを仕留める動画は必見です!

メインリールがG-nius project ( ジーニアス プロジェクト )のグラビアスを使われていて、個性的なチョイスも非常に面白いですね。

Kのフィッシングチャンネル

琵琶湖をメインフィールドとされる「Kのフィッシングチャンネル」さん。

有名バス釣りYouTuberさんなのでご存知の方がほとんどだとは思いますが、主観カメラでひたすら道具インプレをされているYouTubeチャンネルです。

 

自らを「ハイエンドおじさん」と嘲笑的に語られているところが面白いですね笑

ステラ、アンタレス、スティーズといったハイエンドモデルを次々に試して、その良さを広めるチャンネル、という感じです。

さらにロッドもワールドシャウラなどのハイエンドモデルを使い、隙がない。

とにかくハイエンドモデルにお金を注ぎ込み、発信していこうという姿勢は、メディア発信者として尊敬の念を抱きます。

 

使用感が微妙なリールの時は微妙とはっきり言い切っています笑

あくまで中立的な立場であるところが、支持されている理由の一つではないでしょうか。

mibroTV

KTW&mibroの代表、ツカケンさんのYouTubeチャンネルです。

 

福岡県から発信されているので、芹川ダムなどの九州フィールドが中心のチャンネルとなっています。

私は行ったことがないフィールドばかりなのですが、釣り方やルアーローテーション、クランクベイトに関することは、どこのフィールドでも活かせる知識ですよね(^.^)

 

最近見た動画の中では、「巻物用ロッドにグラスが最適な理由」が非常に勉強になりました。

なぜあえて、感度が悪くて、重いロッドを使うのか、を非常にわかりやすく説明されています。

 

クランクベイト好きは見逃せないですね(^^)

二シネルアーワークス

二シネルアーワークスの西根さんによるYouTubeチャンネルです。

とにかく、⬆️この動画がめちゃくちゃかっこいい。二シネルアーワークスの魂が感じられます。

 

他にも、すごい釣り人は何が違うのか?といった釣り人的思考に関する考察や、二シネルアーワークスのルアーの使い方を丁寧にご紹介されています。

いずれの動画も、初心者でも理解できる、スッと入ってくるわかりやすい解説となっています。

 

西根さんの人柄が伝わってくるチャンネルです。

秦拓馬☆俺達。チャンネル

ダウザー俺達、こと秦拓馬さんの「俺達。チャンネル」。超有名どこですね♪( ´▽`)

何より秦さんのキャラクターが最高ですよね!釣りの内容ももちろん超勉強になります。

 

動画タイトルやサムネの見せ方もプロのYouTuber感がすごくて、流石だなあと感じます。

次の展開がすごく気になって、どんどん引き込まれて最後まで飽きさせない動画の構成になっています。

 

プロが作るバスフィッシングエンターテイメント動画がここにある、という感じですね!

まとめ

以上、いつも見ているバス釣り系YouTubeでした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です