僕らのバス釣りが釣れない理由。

スポンサードリンク

バス釣りって本当に釣れない釣りですよね。

デコった時のむなしさは、かなりのものです。

なぜ、僕らのバスフィッシングは釣れないのでしょうか。

バス釣りは釣れない釣りである。

 

バスフィッシングって本当難易度が高い釣りだと思います。

基本的には釣れない魚ですよね。丸一日やってデコ、なんてこともしばしば。

魚に出会える確率が、割と低い釣りです。

なぜ釣れないのか

 

ところで、バス釣りはどうして釣れないのでしょうか。

いつも私が感じている釣れない理由は、以下のようなものでした。

魚が薄い

 

まず、そもそも、魚があまり居ないところで釣りをしているのではないか、ということ。

 

魚が居るところで釣り糸を垂れないと、いくらやっても釣れないのは当然。

魚が居なければ、ルアーは「水中を無意味に漂うただのプラスチック」です。

 

これは非常に納得がいく感じがして、釣れない時は、「ここは魚があまり居ないって事か。」と思っていました。

実は魚は濃い

でも、実は、バスは思っているよりもフィールドにたくさん居る、という事実を突き付けられました。

 

先日の津久井湖で、久々にバス喰い爺さんに遭遇しました。

ドバミミズでバスを釣って、その場で締めて持って帰って喰うそうです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です