初心者にバーサタイルロッドをおすすめする3つの理由。

スポンサードリンク

バーサタイル。汎用性のあるタックルに対して使われる言葉です。

初心者がロッドを購入するとき、バーサタイルロッドから購入するべきと考えます。

バーサタイルロッドを使い込む意義から、最初の一本はバーサタイルであるべき理由を考えます。

バーサタイル

 

バーサタイルというキーワードはバス釣り特有の言い回しですよね。

いろんな種類のルアーを扱いやすい調子の竿、という事。

ひらたい言葉で言えば、オールマイティという事ですね。

専用ロッド

バーサタイルとは間逆な、専用ロッド。

 

kakedzuka.comさんより

例えば、8ftを超えるようなフリッピングロッドだったり。

 

グラス製のベニャベニャなクランクベイト用ロッドだったり。

たしかに、特定のルアーに特化したロッドの使い心地は、その目的に従って使用したとき、とても気持ちいいものがあります。

バーサタイルで基準を作る

 

初心者がロッドを選ぶとき、バーサタイルか、専用ロッドのどちらを購入するべきなんでしょうか。

 

焦らずに、最初から専用ロッドは買わず、まずはバーサタイルロッドを購入するのがおすすめです。

それがバス釣りが上手くなる手順です。

 

バーサタイルロッドは、「何も出来ない竿」というご意見もあります。確かにそうです。

しかし、逆になんでもある程度器用にこなしてくれます。

バーサタイルロッドが、’自分の釣りの基準となる一本’になってくれて、自分のやりたい釣りが見えてきます。

 

最初は必ずいろいろやりたくなる

専用ロッドだと、他の事をしたいときに困ります。

最初のうちは、あれこれ投げてみたい。当然の欲求だと思いますし、必ずそうなります。

一度も投げたことのないルアーを、自分がやらないルアー、と見切ることは出来ない。

実際に投げてみて初めて、これは自分に合うな、合わないなと分かるはず。

そういう欲求に答えてくれるのがバーサタイルです。

 

すると、お気に入りのルアーが分かってくる。

そしてそのお気に入りのルアーをバーサタイルで投げていると、もう少しこうだったらな。という欲求が出てきます。

それを埋めるための専用ロッドです。

 

専用ロッドは、「バーサタイルロッドで補いきれない自分の要求」に従って購入するべきです。

バーサタイルを知ってからの専用ロッドです。

いきなり特化した専用ロッドを購入してしまうと、そのロッドの良さを活かしきれないし、どう良いのかすらわからないかもしれません。

いきなり専用ロッドだと釣りが嫌いになる?

いきなり専用すぎる番手のロッドを使って、それが自分に合わないロッドだとしたら。

ガマンして使っていると、キャストがキマらないし、気持ちよくない。

その使いづらさに、バス釣りが嫌いになってしまうかもしれません。

そのぐらい、専用ロッドはクセがあるし、かなり特化した作りになっています。

バーサタイルロッドは使いやすい

その点、バーサタイルロッドは、誰が振っても癖が少なく、気持ちよく使えるように調教してあります。

扱いやすいバーサタイルロッドで、まずは自分の釣りを見つけることが出来ます。

おすすめバーサタイルロッド

私が実際に使っている(使っていた)バーサタイルロッドをご紹介します。

すべて非常に優れたバーサタイル性能をもった良竿です。

スピニングロッド

まずはスピニングロッドから。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です