JBTOP50第2戦弥栄ダム戦で活躍したステルスペッパーについて改めて考えてみる。

スポンサードリンク

JBTOP50第2戦ベイトブレスCUPin弥栄ダム(広島県/山口県)では青木大介氏が僅差で追い上げる他選手を抑え、見事優勝を飾りました。

ウィニングルアーとしてステルスペッパー70sを使用していたそうです。

改めて、名作ステルスペッパーの釣れる理由を考えてみます。

JBトップ50第2戦、弥栄ダム

 

山口県、弥栄ダムで行われたJB TOP50第2戦。

ウエイイン率は100%、リミットメイク達成率は62.7%というハイレベルな戦いを制したのは、青木大介選手でした。

上位陣の僅差での激しいバトルや、試合中にロクマルを釣った今江克隆氏など見所が沢山ありました。

今江プロのロクマル

今江プロのロクマルは、JB認定の弥栄ダムトーナメント歴代レコード、とのこと。

これを試合中に釣るなんて、かっこよすぎます。

HITルアーは、イールクローラー10インチのクリアグリーンパンプキン/ブルーパールベリー。

 

弥栄ダム

余談ですが、’弥栄ダム’は、’やさかだむ’と読むそうです。

私の地元に’弥栄’(やえい)という地名があるので、てっきり’やえいだむ’かと思っていました。

こんな形。

関東在住の私にとって、馴染みのないフィールドです。もちろん一度も行ったことはありません。

そこで弥栄ダムについて少し調べてみました。

 

弥栄ダム、山口県と広島県の県境に位置するダム湖で、旧名八丁ダム。

1990年に完成した比較的新しいダム湖で、流域面積は約300㎢。

関東を代表するリザーバー、亀山ダムの流域面積が69.7㎢ということなので、とても大きなダム湖です。(wiki調べw)

 

バス釣り環境は、レンタルボートや桟橋が整備され良好な環境。

デカバスの聖地、七色ダムに雰囲気が似ているそうです。

 

ボート持ち込みOKですが、船外機(エンジン)禁止。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です