懐古厨w20年モノの古い漬物ラパラを紹介する。

スポンサードリンク

多分小学生の頃に買ったラパラが出てきました。

20年モノ?の熟成ラパラをご紹介いたしますw

バスブームの頃に買ったラパラ

タックルを整理していたら、小学生の頃に購入したラパラが出てきました。

説明不要ですが、「ラパラ」について念のため説明しておくと、フィンランドで1936年にラウリ・ラパラさんが創業したルアーメーカーで、漁師が生活の為に作ったルアーが原点。

「THE・ルアー」的な存在…ですよね?

 

かすかな記憶をたどると、町田のサンスイで買ったような記憶があります。(たぶん)

 

購入当時はどのルアーがどういう適正で、どんなときに有効か。なんて1㎜も考えていないので、全て直感で選んでいました。

(まあ今も分かっていないんですがw)

 

名作はいつまでも色あせない、不変的な魅了を持っていますね。(小並感)

それぞれご紹介してみます。

ラパラ カウントダウンミノー

カウントダウンミノーっす。多分9㎜のヤツで「CD9」。

説明不要なバルサ製シンキングミノーの金字塔的存在。

 

なんつーか、カウントダウンミノーとは…

と説明するのは「コーラ」や「リーバイス」について説明するような感じがしてしまうのですが、一応説明しておきますw

 

スローシンキングという特性を生かし、その名の通り「カウントダウン」して表層からボトムまであらゆるレンジを攻めれるミノーっスね。

バルサ特有の、プラ製ルアーにはないヌメヌメとした艶めかしいアクションも魅力です。

リップの接着剤ベトベトやんw黄ばみ具合も味わい深くてナイス。

あまりにオーセンティックすぎて、逆に使ったことがないという方も多いのではないでしょうか。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です