まだ冬のバス釣りで消耗してるの?

スポンサードリンク

厳冬期のバスフィッシング。釣れないことはない、だけど厳しいのも事実。

そんな真冬のバスフィッシングを乗り切るコツをシェアします。

重役出勤

 

早起きでシンドい、寒くてシンドイ、釣れなくてシンドイと三重苦なので、気温の上がった時間に、あえて遅く行きましょうw

それだけで厳冬期のバスフィッシングのモチベーションが保てます。

日中、日が昇ったタイミングなら、意外と寒さを感じませんし、昼間の水温が少し上がったタイミングの方が釣れることもあるかもしれません。

 

はやめに帰ろう

 

相模湖の朝焼け #バスフィッシング #バス釣り #ブラックバス #d7100 #相模湖 #ikahime

ikahimeさん(@ikahimenet)が投稿した写真 –

 

帰りも、大概のボート屋さんでは4時か4時30分までとなっていますが、3時半ごろからお片付けしましょう。

日が傾かないうちにすべてを終わらせれば、意外と寒さを感じずに済みます。

帰りの道路も空いています。

天気のいい日だけ行こう

 

寒い上に、雨が降っている日はおとなしく自宅でタックル整理や、釣具屋巡り、釣り関係のDVD鑑賞などで時間を潰しましょう。

その方が賢明ですw

タックルを減らす

 

タックルはハイシーズンの半分で良いと思います。

やれることも限られますし、あれこれ手を出しても釣れないですw

荷物を減らす

 

荷物も、思い切って減らしましょう。

使っていないルアー、運んでませんか?

私は運んでますw

他の釣りをしてみる

わかさぎ釣りなど、他の釣りをやるのも一興です。

ベイトがどのように回遊しているかを知ることで、何かしらバスフィッシングにも気づきが得られるかもしれません。

わかさぎはバスロッドでも釣れますよ。

ボート屋のオヤジと仲良くなれるゾ

 

冬のボート屋さんは人がマジで少ないです。

毎週通っていると、ボート屋のオヤジがすぐに顔を覚えてくれて、実績ポイントを超詳しく教えてくれたり、少し割引してくれたりといいことずくめです。

ボート屋のオヤジはその湖に精通した、いわばスーパーロコなので、思わぬ情報が手に入ることも?

常連のスーパーロコと仲良くなれるぞ

 

冬場も通いつめる、本気の釣り好きスーパーロコの方と知り合うことができます。

先週もいらっしゃいましたよね?あんたも好きねえ。ってな具合です。

最近思うのは、やっぱり釣りがうまい人の話や、情報を教えてもらうのが上達の近道だと感じています。

バス釣りは情報戦なんです。

有力情報を得られるかもしれません。

著名アングラーが居るかも!?

 

12月末日の土曜日に、相模湖で、nories代表、田辺哲男氏が出艇されていました。

有名アングラーの方は、基本平日に来られるのかと思っていたので、とてもびっくりしました。

冬場は、土日でも人が少ないのでいらっしゃることがあるんですね。

オーラはんぱないっす。カッコよかった。

遠慮なく魚探掛け出来るゾ

 

誰もいないので、人的プレッシャーはほぼゼロ。

魚探掛けも思う存分楽しめますので、ハイシーズン以上に仔細に湖を偵察できます。

これが意外と新しい発見が多くて、きっとシーズン入ってから役に立ちます。

写真も楽しいw

 

私は今の時期は半分は写真撮影をしていますw

美しい湖上で写真撮り放題なので、カメラ的にもすごく楽しめます。

まとめ

正直釣果のほうはなかなか厳しいですが、重役出勤で、緩く冬のバス釣りを楽しめれば良いですね★

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です