レンタルボートでバス釣り。入門その1。ボート、エレキ、エレキ操船編。

スポンサードリンク

陸っぱりも楽しいけど、次の釣行はレンタルボート釣行に出かけてみてはいかがでしょうか。

私もちょっと前まで、自分にもエレキ操船出来るのだろうか?と不安な気持ちの陸っぱりバサーでした。

そんな悩めるレンタルボート釣行初心者に向けた、レンタルボート釣行入門レポートをお届けします。

エレキつきボート借りてみたいけど

たぶん、レンタルボート釣行をぜんぜんしたことがない方にとって、レンタルボート釣行は不安や、不明点がたくさんあって敷居が高い部分があると思います。

そういった悩めるレンタルボート初心者の方のために、ikahime的レンタルボートtipsをシェアします。

最初に自分が感じていた不安を思い出して、必要であろう情報を記載してみますね★

ちょっと長くなってしまったので、いくつかの記事に分けてシリーズモノとして連載します。

第一部である当記事では、ボートの種類、エレキ入門、エレキ操作入門編です。

それではいってみましょう!

 

ボートの種類

まずはボートの種類をご説明しますね★

レンタルボート屋さんで借りれるボートの種類は、ほとんど次の3種類というところが多いと思います。

免許不要艇

文字通り、エレキをつけても、免許不要なボートになります。(不要艇の写真がなかったので、次回釣りに行った際に撮ってきて追加しますw)

ボートの全長が3m未満のものになります。

どこのレンタルボート屋さんでも、大概用意してあります。

最初はコイツでレンタルボートデビューですね★

12ft(じゅうにふぃーと)

 

特徴

レンタルボート、というと、大体これを想像するのが一般的だと思います。

ローボート、なんて呼び方もします。

井の頭公園で、カップルが手漕ぎで乗ってるヤツですねw

ヤマハ製かスナガ製のものが大半です。

全長約3m70cm。

メリット

大概のボート屋で、コレが一番安く借りれます。

そして軽いので、パワーの無いエレキでもそこそこ速く移動できます。

デメリット

デメリットは、安定感にやや欠けます。

左右にとっても揺れやすい。

他のボートが近くを通ったときの引き波で、怖い思いをすることも多々あります。

ちなみに、これにエレキをつけると免許が必要になります。

14ft(じゅうよんふぃーと)

 
 

写真、分かりにくくてすいませんwピンクのやつです。

丁度イイ写真が無かったです、今度撮ってきて差し替えますね★

メリット

12ftよりも長い、14ftボートです。約4.26メートル。

こちらもエレキを付けると船舶免許が必要になってきます。

12ftに比べて、安定性のあるボートです。

とくに横方向の安定感が、ぜんぜん違います。

船上が広く荷物をたくさん持ち込めますので、タンデム釣行の場合は、14フィートがオススメです。

いちおう乗車定員は3名。でも14ftに3人乗ってバス釣りは、狭いですw

なので実質2人乗りだと考えていいでしょう。

私は、安定感を求めて、1人で借りるときも14ftを借りたりします。

12ft、結構不安定なんですよね…

デメリット

大きくて重いので、12ftと同じパワーのエレキをつけた場合、遅いというデメリットがあります。

そして、大概のボート屋さんで、12ftより500円から1000円ほど高い料金になっています。

ボートについてオススメサイト

これらボートについては、おりきさわボートさんのHPに詳しく載っています♪

ボートについてはこの辺で。

続きましては、エレキについてのお話です。

まずは、「エレキ」について軽く基本事項を説明しますね★

エレキ入門

「レンタルボート入門」の記事なのに、「エレキそのもの」についての知識が必要かといわれると微妙ですが、書いてしまったので記載しておきますねw

フットコンとハンドコン

エレキは、大きく分けて2種類存在します。

フットコントロールエレキと、ハンドコントロールエレキです。

それぞれ、「フットコン」、「ハンドコン」と呼ばれます。

ハンドコンエレキ

ボートの、スターン(船尾)に取り付けて、操作は手で行うエレキです。

バス釣りにおいては、トップウォーター専門の方(通称トッパー)の方々がよく使用しています。

フットコンに比べて価格が安く、操作も直感的で分かり易いのが特徴です。

フットコンエレキ

ボートのバウ(船首)に取り付けて、操作は足で行うエレキです。

バス釣りの関東レンタルボートスタイルにおいて、メインとなるエレキです。

価格は、ハンドコンエレキに比べて高いですが、すべて足で操作をすることが可能な為、両手が空きます。

操船しながら釣りをすることが出来るので、手返しや効率が上がり、結果バスをGETする確率が高まります。

その為皆さんフットコンエレキを使用します。

という訳で、ここからは主に「フットコンエレキ」について、説明していきたいと思います。

エレキのメーカー

エレキには、大きく分けて2つのメーカーが存在します。

「モーターガイド」と「ミンコタ」です。

それぞれ特徴

モーターガイド

モーターガイド ツアーシリーズ TR-82V32

モーターガイド ツアーシリーズ TR-82V32

 

バスフィッシングのレンタルボート界において、マイエレキをお持ちの方の、8割から9割ぐらい?が、モーターガイド社製のエレキを使用しています。

ツアーシリーズなどが名機として名高い機種になります。

現在では、X3シリーズX5シリーズというブランド名のシリーズが最新シリーズになっています。

BMWの車名みたいなブランド名ですねw

もしこれからエレキを購入することになるなら、このX3シリーズか、X5シリーズで迷うことになると思います。

モーターガイドは、ミンコタと比較して、スピード型の設計、と言われています。

ミンコタ

 

ミンコタは、トルク型の出力特性が特徴の、エレキになります。

トルクがあって、故障が少ない、と言われていますね。

モーターガイドがスピード重視、ミンコタはトルク重視らしいです。

実際に比較したわけではないので、本当なのか、なんともいえませんがw

一般的にはそういわれています。

モーターガイドがレブチューンモーター、ミンコタがトルクチューンモーターみたいな感じですw

(アラサー世代は分かってくれますかね、このネタ)

エレキの電圧

続いてはエレキの電圧について説明しますね。

エレキは、大きく分けて3種類の電圧のものが存在します。

12V、24V、36Vのものになります。

それぞれ、特徴を説明していきますね★

12V

エントリーユーザ向け、12Vのエレキ。

現行のモーターガイドのラインナップだと、X3シリーズになります。

使用するバッテリーは1個。

私のFW54Vも、12Vです。

FW54Vの推進力は54lb。

54lb(ポンド)っていうのは、ピンと来ないかもしれませんが、たぶん1馬力無いぐらい、のパワーです。

極端に遅くはないですが、まあまあ遅いですw

バッテリーが1つで済む代わりに、パワーも控えめなエレキになります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です