[シマノ] NEW ’17バスワンXTの防錆ベアリング数が地味にカシータスより多い件。

スポンサードリンク

シマノのエントリーベイトモデルといえば、バスワンXT。

数年の歴史を持つ、老舗ブランドです。

そんなバスワンXTが、17モデルでフルモデルチェンジし、リリースされました。

エントリーモデルと侮ることなかれ?あまり調べることのないバスワンXTについて、その性能と、存在意義を考えます。

シマノ ’17バスワンXT

SHIMANO NEW 17バスワンXT

SHIMANO NEW 17バスワンXT

 

出典:SHIMANO

ベースモデルはカシータスMGL

ざっくり言ってカシータスからMGLスプールを削いだバージョンが今度のNEW 17バスワンXTってとこでしょう。(ほかにも違いはあります)

塗装は締まりのあるブラック塗装で、見ようによっちゃカシータスよりもカッコいいかも?

エントリーモデルもついにここまで来たか、ってな具合です。

’16カシータスMGLと’17バスワンXTの違い

他’16カシータスMGLにあって、’17バスワンXTにないもの。

・S3Dスプール

 

重量バランスや寸法精度を高め、キャスト時における振動を抑制したスプール

・MGLスプール

 

スプール側面への穴開けに成功、慣性モーメントの約10%ダウンを達成した軽量スプール

・NEW SVS∞(インフィニティ)※17バスワンXTは、旧型のSVSブレーキ

 

外部ダイアルの調整のみでの調整幅を広げた新しいSVS

 

ベアリング数と自重

ベアリング数と自重比較。

  カシータスMGL バスワンXT
ベアリング

2/2/1 
(S A-RB/ボール/ローラー)  

4/1(S A-RB/ローラー )
自重 190g 210g

カシータスmglより、20g重いです。

それでも旧モデルの’11バスワンXTからは10g軽量化されています。

アレ?防錆ベアリングである、S A-RBはカシータスMGLより多いのですね。

SHIMANOのHPを参照したので間違いないはずです。

なんか理由があるんでしょうか。

どちらもソルト対応となっていますが、ソルトでガンガン使用するなら17バスワンXTのほうが良いのでしょうか。

’16カシータスMGLはバス釣りユーザーが多いはずだから防錆性能は多少低くても良いということ?

それともMGLスプールを搭載したので、その分のコスト圧縮の為?

謎は深まります。

ラインキャパ

ボディサイズが従来の200番台から、150番台にサイズダウン。

現代バスフィッシングの事情に合わせて、必要以上のラインキャパを捨てて、小型軽量化したということでしょう。

スプール幅が旧バスワンXTの25mmから22mmに変更。

ラインキャパは旧型が12-165(lb-m)でしたが、12-130 (lb-m)と扱いやすくなっています。

(エントリーユーザーがバス釣りに使うなら、100番台で12-100(lb-m)ぐらいでいい気がしますが…)

マテリアル

SHIMANOお得意のCI4+素材ではありません

普通の樹脂?製フレーム、樹脂サイドプレートのALL樹脂製リール

剛性感はあまり期待出来ませんが、軽量化には貢献している様子。

ALL樹脂製リールである、17バスワンXTや16カシータスMGL、決定的に足りない要素としてはやはりボディ剛性でしょうか。

バスプロは使ってない?

たぶん私の知る限りではバスプロが使ってプロモーション、とかはしていないと思います。

まあ販売価格を考えたら、そんな事は出来ないハズなので当然ですw

カシータスMGLは伊藤巧プロが使っている

ちなみにベースモデルである、カシータスMGLは、伊藤巧プロが使用してプロモーション活動をしています。

伊藤氏いわく、スゴくイイ、らしいですが..カシータス、どうなんでしょうね。

シマノ ’17バスワンXT、誰が買うのか。

私の勝手な予想ですが、バスワンXTは海外で結構販売しているのでは?と考えています。

海外ではバスワンXTではなく、違う名称で販売しているみたいですね。

 

出典:TACKLEWAREHOUSE

Shimano Caenan[カエナン ] 150A として販売されているみたいです。

99ドルだったので、少し仕様が違う?のでしょうか。

なんだか名前が「カエナン」ってだけでちょっとカッコいいw

海の向こうでは日本ほどリールやロッドの性能にこだわらないというオハナシですしね。

ぶっちゃけ日本国内ではそんなに売れていないのではないかと。

あまり使っている方をお見かけしないです。

(別に高いリールじゃないとダメとか、安いリールをdisってるとか、そういう事は一切無いです)

売れているのか

台数的にはどのぐらい出ているものなんでしょうね。

とても気になります。

しかしリールの販売台数というのは公表されていないですよね??

車みたいに販売台数が発表されると楽しいんですが….

私の想像の範疇にすぎませんが、おそらくバスワンXTは国内ではそんなに売れていないのではないか?と思っています。

販売台数予測w

現行のラインナップで最も売れているリールってナニになるんでしょうね。

なんとなく、クラド、スコーピオン、あたりなんではないかと勝手に予想しています。

次にメタ二ウムMGL。

その次にアンタレスなどハイエンド。

最後にバスワンXT。みたいな順番ではないかと。

全然違いますかね?w

存在意義はあるのか

これは大いにあると思います。

まずは、こういったモデルを求めるエントリー層向けに、バスフィッシング人口を増やす裾野としての役割。

そして若年層への対応。釣り好き少年へ、パパからのプレゼントとしての需要なども考えられます。

 

また、高い道具は必要がないとお考えのユーザも一定数必ずいるハズ。

ソルト対応なので、多魚種用として傷やダメージを気にせず使いこむのにも向いています。

 

どの技術が安いリールに搭載できるのかということもわかるし、エントリーモデルもついにここまできたか、という驚きも感じます。

1万円を切る低価格でエントリーモデルが存在することは大切なことです。

高いタックルが偉いのか

決してそんなことはないです。気に入ったモデルを使うのが一番です。

ただ、長い目で見たとき、少し良いものを購入する方が、結果的にコストパフォーマンスに優れているということは以前ストラディックCI4+の記事でオハナシした通りです。

でも明確な理由から狙って購入するエントリーモデルというのは全然アリです。

エントリーモデルといっても、ここまでカッコ良くなっているので、デザインが好きで購入するというのも案外アリかもしれませんね。

まとめ

シマノ[SHIMANO]のエントリーモデル、バスワンXTは2017年モデルになり、その輝きを一層増したように感じます。

海外市場や、日本のエントリーユーザーにとって、大変魅力的なモデルであることは間違いないでしょう。

1万円を大幅に下回る実売価格や価格に見合わないカッコいいデザインなど、新世代エントリーモデルとしてその存在価値はますます高まるばかりです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

 

2017新製品に関する記事★

 

ikahime的リール記事はこちら★

 

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です