[シマノ] NEW ’17バスワンXTの防錆ベアリング数が地味にカシータスより多い件。

スポンサードリンク

シマノのエントリーベイトモデルといえば、バスワンXT。

数年の歴史を持つ、老舗ブランドです。

そんなバスワンXTが、17モデルでフルモデルチェンジし、リリースされました。

エントリーモデルと侮ることなかれ?あまり調べることのないバスワンXTについて、その性能と、存在意義を考えます。

シマノ ’17バスワンXT

SHIMANO NEW 17バスワンXT

SHIMANO NEW 17バスワンXT

 

出典:SHIMANO

ベースモデルはカシータスMGL

ざっくり言ってカシータスからMGLスプールを削いだバージョンが今度のNEW 17バスワンXTってとこでしょう。(ほかにも違いはあります)

塗装は締まりのあるブラック塗装で、見ようによっちゃカシータスよりもカッコいいかも?

エントリーモデルもついにここまで来たか、ってな具合です。

’16カシータスMGLと’17バスワンXTの違い

他’16カシータスMGLにあって、’17バスワンXTにないもの。

・S3Dスプール

 

重量バランスや寸法精度を高め、キャスト時における振動を抑制したスプール

・MGLスプール

 

スプール側面への穴開けに成功、慣性モーメントの約10%ダウンを達成した軽量スプール

・NEW SVS∞(インフィニティ)※17バスワンXTは、旧型のSVSブレーキ

 

外部ダイアルの調整のみでの調整幅を広げた新しいSVS

 

ベアリング数と自重

ベアリング数と自重比較。

  カシータスMGL バスワンXT
ベアリング 2/2/1 
(S A-RB/ボール/ローラー)  

4/1(S A-RB/ローラー )
自重 190g 210g

カシータスmglより、20g重いです。

それでも旧モデルの’11バスワンXTからは10g軽量化されています。

アレ?防錆ベアリングである、S A-RBはカシータスMGLより多いのですね。

SHIMANOのHPを参照したので間違いないはずです。

なんか理由があるんでしょうか。

どちらもソルト対応となっていますが、ソルトでガンガン使用するなら17バスワンXTのほうが良いのでしょうか。

’16カシータスMGLはバス釣りユーザーが多いはずだから防錆性能は多少低くても良いということ?

それともMGLスプールを搭載したので、その分のコスト圧縮の為?

謎は深まります。

ラインキャパ

ボディサイズが従来の200番台から、150番台にサイズダウン。

現代バスフィッシングの事情に合わせて、必要以上のラインキャパを捨てて、小型軽量化したということでしょう。

スプール幅が旧バスワンXTの25mmから22mmに変更。

ラインキャパは旧型が12-165(lb-m)でしたが、12-130 (lb-m)と扱いやすくなっています。

(エントリーユーザーがバス釣りに使うなら、100番台で12-100(lb-m)ぐらいでいい気がしますが…)

マテリアル

SHIMANOお得意のCI4+素材ではありません

普通の樹脂?製フレーム、樹脂サイドプレートのALL樹脂製リール

剛性感はあまり期待出来ませんが、軽量化には貢献している様子。

ALL樹脂製リールである、17バスワンXTや16カシータスMGL、決定的に足りない要素としてはやはりボディ剛性でしょうか。

バスプロは使ってない?

たぶん私の知る限りではバスプロが使ってプロモーション、とかはしていないと思います。

まあ販売価格を考えたら、そんな事は出来ないハズなので当然ですw

カシータスMGLは伊藤巧プロが使っている

ちなみにベースモデルである、カシータスMGLは、伊藤巧プロが使用してプロモーション活動をしています。

伊藤氏いわく、スゴくイイ、らしいですが..カシータス、どうなんでしょうね。

シマノ ’17バスワンXT、誰が買うのか。

私の勝手な予想ですが、バスワンXTは海外で結構販売しているのでは?と考えています。

海外ではバスワンXTではなく、違う名称で販売しているみたいですね。

 

出典:TACKLEWAREHOUSE

Shimano Caenan[カエナン ] 150A として販売されているみたいです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です