レンタルボートでバス釣り。入門その2。ボートの借り方、荷物の搬入編。

スポンサードリンク

 前回の記事では、ボート、エレキ、エレキ操船についてご紹介いたしました。

今回は、実践編として、実際にレンタルボートを借りて出船する際の流れをご紹介します。

レンタルボートでバス釣り。入門その2

さて、「前回のレンタルボートでバス釣り。入門その1」の続きです。

今回はボートをレンタルする時の流れについて、まとめてみました。

初めてレンタルボートフィッシングに挑戦する方のお役に立てると嬉しいです。

それではいってみましょう!

予約は必要?

相模湖 日相園

相模湖 日相園

ハイシーズンは必要

5月~11月ぐらいまでは、予約した方が良いです。

特に免許不要艇については、総台数が少ないボート屋さんがほとんどなので、免許不要艇を借りたい場合は予約したほうが良いです。

その際にレンタルエレキの有無などを確認します。

不要艇でなくて、12ftや14ftを借りたい場合でも、人気フィールドではハイシーズン(まあだいたい6月~9月)になると、満艇ということも珍しくないので注意が必要です。

冬場は不要

逆に冬場は予約の要らない場合がほとんどですw

大抵のボート屋さんでガラガラです。

しかし真冬のボート屋さんでも大会などが行われて貸し切りなんてこともあるので、心配な場合は念の為電話連絡して確認しておくと良いですね★

後は近くの別のボート屋さんの場所を事前に調べておけば、もし満艇や貸し切りでも、すぐに別のボート屋さんに向かうことが出来ます。

経験上、近くのボート屋さん2件とも満艇だった、なんてことはほぼ無いはずです。

朝の貴重な時間を無駄にしない為にも、事前連絡はしておいて損はありません。

 

受付

津久井湖 津久井観光

津久井湖 津久井観光

まずボート屋さんに着いたら受付を行います。

大抵のボート屋さんで、出船時刻の一時間前ぐらいからボート屋さんが既にスタンバイしていますので、予約の有無を伝えて、借りたいボートの種類と、利用する人数を伝えます。

その際に、ついでに帰着時間を確認しておくと良いですね★

ボートの種類は、「じゅうよんふぃーと」、「じゅうにふぃーと」または「ろーぼーと」、「ふようてい」などと言えば伝わります。

乗りたいボートと人数を伝えたら料金を教えてくれますので、払います。

伝わらない場合

ただし稀に、ボート屋のマスターが高齢化の為、「じゅうにふぃーと」とか、「じゅうよんふぃーと」が伝わらない場合がありますw

というかそのボート屋さんは「14ft」が無く、12ftのローボートか、和船しかないボート屋さんでした。

なので「じゅうにふぃーと」、「じゅうよんふぃーと」が伝わりませんでした。

そういう場合は臨機応変に対応します。

借りたいボートを伝えたら、どのボートに乗っていいか教えてもらえるので、指示してもらったボートを使用します。

荷物の運び入れ

ボート用品

ボート用品

さて、料金の支払いと、使っていいボートが分かったら、車のトランクに大量に詰め込んだ荷物をボートに運び込みます。

まあ最初のうちは荷物の量はそんなに多くはないと思います。

荷物の運び方はボート屋さんによってそれぞれ異なります。

ゴンドラ形式

 

カート形式

 

軽トラスタイルw

 

 

自分の車で運ぶ

…だいたい以上の4種類ぐらいの運び方になると思います。

最初は使わなくても大丈夫

たぶん、初めてや数回目のレンタルボート釣行の場合、エレキ、バッテリーはレンタルの場合が多いはず。

荷物はお昼ご飯とルアーとタックルぐらいなので、電動カートやゴンドラを活用することはあまりないです。

しかし関東レンタルボートスタイルの泥沼にハマっていくと、徐々にマイエレキ、ハイデッキ、魚探、バッテリーと、激重な荷物が増えてしまいます。

そうなったときに、活用するのがゴンドラやカートです。

どうやって使うの?

ゴンドラやカートの詳細な使い方は、また別の記事でご紹介しますね★

(現状、ゴンドラやカートのボタンの写真などが無いためw)

 

「自分の車で運ぶ」は、亀山ダムのよりともボートさんのスタイルです。

桟橋の入り口まで、スロープになっていて自分の車をそこまで移動させて、荷物を搬入します。

 

「軽トラスタイル」は、千葉県の亀山ダムのお隣、片倉ダムのもとよしボートさん独自のスタイルですw

軽トラで桟橋まで荷物を運搬してくれます。

 

私の実感としては、亀山ダムで流行っている「電動カートスタイル」が一番楽チンですね。

なんせ車のトランクから、レンタルボートのすぐそばまで電動カートで運搬出来るので。

荷物搬入時の注意点

さて、ボートの近くまで荷物を運搬し終えたら、いよいよボートに搬入します。

その際の注意点をいくつかシェアしますね★

ドレンの確認

まず確認して欲しいのは、ボートの「ドレン」が閉まっていること。

「ドレン」は、雨水を抜いたり、ボートを洗ったりする時の為に、ボートに設けられている穴のことです。

(写真がなかったのでこんど撮ってきますw)

 

穴といっても、通常時はフタがしてあります。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です