フィナ[FINA] 「HYPER TORNADE(ハイパートルネード)」インプレ。これいいわ。スキッピング決めまくってもOK。

スポンサードリンク

ねじ込み式のフック(フィナ[FINA] 「HYPER TORNADE(ハイパートルネード)」)を試しました。

今更感はんぱないですが、自分の中で革命的な素晴らしさでした。

使用感をシェアします。

フィナ[FINA] 「HYPER TORNADE(ハイパートルネード)」

 

これまで、4インチ以上のシャッドテールワームを使用する際、普通のオフセットフックで使用していました。

けどそれだと必ずといっていいほど、頭がちぎれるんですよね。

ちょっとしたことだけど、マジでストレス。

ねじ込み式(スクリューキーパー)

 

市場にねじ込み式のフックが存在していることは知っていたのですが、なぜか手を出さずに居ました。

釣りウマの友人が使っていたのをみて、その高いホールド感に驚き、購入に至りました。

カルティバのツイストロック、ザップのパイルドライバー、リューギのピアスフックなど各社からスクリューロック式のフックがリリースされていますが、今回はフィナ[FINA] の「HYPER TORNADE(ハイパートルネード)」を試してみることにしました。

スキッピング

 

シャッドテールワームの利点として、スキッピングのしやすさが挙げられますよね。

私の良く行くリザーバー(相模湖、津久井湖、亀山ダム、片倉ダム)など岸際はオーバーハングのパレード状態。

このオーバーハングの下にスパパパパ!と、わりと素人レベルな私でもスキッピングが決まってくれるシャッドテールは重宝しているわけです。

最奥に到達しないと喰わない事多いですからね!

しかし前述したようにオフセットフックでのセッティングだと、頭がすぐにちぎれる。

スキッピングすると、特にリグへのダメージがデカイですよね。

ハイパートルネードで解消

イヨケン渾身のスクリューロック式、’ハイパートルネード’に替えたことでこの問題が解決しました。

ネジの部分が’ハイパートルネードロック’という部品名だそう。

ワームにまっすぐ刺せるように、コイルの先端がコイルの中心に来るように出来ています。

初めて使ったけど、綺麗にまっすぐ刺すことが出来ました。

 

さらにただのまっすぐなコイルではなく、先端にかけてテーパードしている形状によって抜けにくさを実現。

確かにこれは抜けずらい。スキッピングしまくっても一切ずれる気配が感じられないのはとても秀逸。

 

ホールド感というか、ネジがワームの頭にねじ込まれることによって、ここまでの剛性感が出るとは。

今更感ハンパないですけど、自分の中でちょっとした革命だったのでシェアしてみました。

ステマでも何でもなく、超オススメ商品です、コレは。

当然普通のオフセットフックより高いですけど、ワームの持ちが良い分で取り返せるような気さえします。なんでもっと早く導入しなかったんだろ。

フックポイントが上を向く

 

ほんのちょっとだけ、フックポイントが上向きになるような角度になっています。

普通のオフセットフックに比べて、フックアップ率が多少上がっていると思われます。

あとフッ素コーティングを施したスルスルした表面の処理もイイ感じ。

明らかにスベリが良いです。

 

ついでにオススメのシャッドテールワームをまとめます。これも今更感ハンパないですけどねww

サワムラ ワンナップシャッド

 

説明不要ですねww

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です