レンタルボート二人乗りで二人とも釣果をあげるコツ。

スポンサードリンク

ラブタンデム。

二人乗りのボートフィッシングにおいて、効率よくバスを釣るコツをシェアします。

タンデム釣行

 

14ftのボートで、二人乗りでバスフィッシング。

私はロンリー釣行は寂しいので、結構な割合でタンデム釣行です。

狭いレンタルボート上でいかにスマートに過ごすか。

タンデム釣行において、二人とも釣果をあげるコツをシェアします。

違うモノを投げる

 

強いリグと、弱いリグ。同時に投げられるのが二人乗船の最大の強みと言えます。

一方はライトリグ、一方は巻き、といったように、全く違ったメソッドを投げると効率が上がります。

そして、反応があった方に切り替える。

効率の良い釣りが出来ますね★

素直に聞くw

釣れたとき、お互い何で釣れたか、包み隠さず話します。

その日どんなリグが有効なのか、最大のお手本となるからです。

意地やプライド捨てましょうww

会話をする

自分の釣りに集中しすぎて、コアングラーをないがしろにし、血眼になって魚を狙うと、殺気立ってよいこと無いです。

むしろ積極的に会話をして、せっかくのタンデム釣行を楽しみましょう。

楽しくお話しているぐらいが、殺気が抜けて、「電話バイト」を意図的に生み出せます。

実体験として、良い魚が釣れたときは、コアングラーと楽しくおしゃべりしているタイミングが多いです。

楽しくおしゃべりして適度にリラックスしているほうが、力が抜けて、より自然なルアーアクションになっているのではないかと考えています。

 

…冗談のようで、結構マジで言ってます、コレ。

「あ~、釣れねえ、畜生!喰え!喰え!」って無言で釣りしてると、ホント釣れない。

くだらないトークでゲラゲラしてると、「あっ、喰った。」ってなります。

クロスキャスト

 

クロスキャストにならないよう、船長は出来るだけ前方に投げるように努めます。

船長が後方に投げると、バックシートの人が投げる場所が無くなりますw

逆にバックシートの人は、前方にオイシイカバーがあっても、グッとこらえて出来るだけ後方に投げるよう努めます。

私はバックシートでよく前方にキャストしすぎて、船長の投げるところを潰してしまいますw

 

…当たり前のことのように思えますが、意外とお互いのキャストコースを潰してしまうことって多くて、少し意識しているかいないかで結構違ってくるものです。

右岸と左岸

 

船長は、バックシートのアングラーがフォアハンドでキャストしやすいよう、進行方向向かって右側のショアラインを意識的に流してあげます。

お互い相手に釣らせてあげる、ぐらいの気持ちをもって振舞えると良いですね★

引っ掛けたらすぐに取りに行く

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です