リールメンテ。Eリング問題に終止符を打つ?ENGINEER Eリングプライヤー。

スポンサードリンク

またEリングネタです。

タミヤのEリングセッターで対応できない、3~5mmのEリングの為に、ENGINEER Eリングプライヤーを導入してみました。

これでEリング問題がほぼすべて完了するのか。その使用感をシェアします。

ENGINER Eリングプライヤー

タミヤEリングセッターは2mm径のEリングに対応なので、大きめのEリングに対応できませんでした。

そこで、3mm~4mmのEリングに対応するという、ENGINEER Eリングプライヤーなる製品を試してみました。

Eリングの径

Eリングの径、というのは、内径を表すようです。

シマノとアブのEリング


左がシマノリールによく使われている、おそらく2mm径のEリング。

右が、アブのリールに使われている3mm径のEリング。

内径が1mm変わるだけで、二回りぐらいサイズがデカくなります。

シマノはOK


シマノサイズなら、タミヤのEリングセッターでホールド出来ます。

アブはNG

 

アブガルシアリールに使われている3mm径のEリングは、デカすぎてタミヤのEリングセッターは使えませんでした。

ENGINEER Eリングプライヤー

そこで、3mm~4mmのEリングに対応するという、ENGINEERのEリングプライヤーを導入してみました。

 

使用感

マグネット付きで、なおかつ専用形状によって、3mm径のEリングを楽にホールド。

ふむふむ。なかなか良さそう。

太すぎる

 

だがしかし。

プライヤーなので、太さがあります。

太いという事は、Eリングを掴んだまま、横から押し込めないんですよね。

結局挟んで装着。


もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー