釣れたバスの長さを測る派?重さを測る派?

スポンサードリンク

釣れたバスの大きさを測るとき、長さを測りますか?重さを測りますか?

長さ派だったのですが、最近重さも測るようになりました。

重さを測るメリットを考察します。

 

バスの長さを測る

 

どれだけデカイバスを釣ったのか。という基準のひとつとして、根強い人気を誇る?バスの体長。

ヨンジュウアップ!とかゴジュウアップ!みたいに呼べるので楽しいですし、なんとなく分かり易い??ような気がして、つい長さを測っていました。

誤差が大きい

ただし長さは計測方法によってだいぶ変わってしまいます。

測り方や計測する人の裁量によって2~3センチぐらいは平気で変わってしまうのがつらい所。本当の意味での「ビッグバスの証明」としてはやや弱いですよね。

 

口閉じ尾開き

そんな「長さ」について、出来るだけ全長を過少評価する!?「口閉じ尾開き」という計測方法が有ります。

しかしメジャーの上で大人しくしてくれる魚は少なく、ポーズを取らせるのはとても大変です。

出来るだけ短く測っておけば、少なくともそれ以上である、という考え方でしょう。

長さも1つの指標

そういった、測り方の手法があるぐらい、「長さ」についてはある種の市民権を得ているものと思います。

私もずっと長さばかりに気を取られていましたし、長さの計測を否定する訳では決してありません。

しかし、果たしてゲロ痩せの50UPが本当に良い魚なのか?という点に関しては、疑念を持たざるを得ません。

 

バスの重さを測る

重さを測る事によって、その魚の本当の「大きさ」を知りたくなりました。

どのぐらい「イイ魚」なのか、紛れもない純粋な値が測れる、という意味ではやはり重さです。

測りが壊れていたら話は別ですが、計測方法による誤差も長さほどは多くないように思います。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です