ライトリグの「アタリが分からない」場合のアタリの取り方。

スポンサードリンク

バス釣りを始めたころ、直面するお悩みが、バス釣りのアタリが分からない。という事。

水中のゴミや枝との判別方法や、ライトリグでのアタリの判別方法をまとめます。

 

バス釣りのアタリが分からない

 

バス釣りのアタリが良く分からない..そんなお悩みを解消するため、私の実践しているアタリの取り方をご紹介します。

ツリラクさんのこちらの記事に触発されました(*’▽’)

意外と読んでいただいている記事という事で、パクってみました。

 

ライトリグでのアタリ

 

さて、ひとくちに「バス釣りのアタリ」といっても、バス釣りのリグは千差万別。

今回は、ダウンショット、ジグヘッドワッキー、ノーシンカー、ライトキャロなど主にワームを使ったライトリグでのアタリについてです。

 

ラインの動きに注目

バス釣りでのアタリの取り方として有効な方法としては、ラインを良く見るという事が挙げられます。

バスがルアーをくわえると、ラインがあらぬ方向に動く事があるからです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です