リングスタードカットの仕掛け人は誰か。

スポンサードリンク

関東レンタルボートスタイルにおいて、今や欠かせない感すら出てきた、「リングスタードカット」。

リーズナブルで使い勝手に優れた、最強のタックルボックスです。

リングスタードカットが、レンタルボートの標準装備になった理由を探ります。

関東レンタルボートスタイル

関東レンタルボートスタイルでは、レンタルボートにさまざまなアイテムを持ち込み、自分流にカスタマイズします。

アングラーごとの工夫や個性が発揮され、組み合わせるアイテム次第で、十人十色のスタイルになります。

レンタルボート釣行における1つの楽しみといえるでしょう。

 

必須アイテム、ドカット

 

そんな関東レンタルボートスタイルにおける、必須アイテム、ドカット。

ドカットって何?って方の為に、まずは基本スペックをご紹介します。

リングスター社から販売されているプラスチック製のハコです。

本来用途は「工具箱」。

 

誰が気付いたか、タックルボックスに使用すると非常に体裁が良いんです。

 

とてもリーズナブルで、色は選べませんが、セール品なら2000円ほどで買えます。

 

そしてやたらと頑丈。対荷重500kg、取手引張強度:110kgだそう。 (奈良県工業技術センターにて試験済み)

さらにメイホーのケースの収まりが非常に良いです。

 

ハイデッキの上に無造作に置いて、椅子がわりに使用するのが関東スタイル。

 

一度使うと手放せない、便利でタフなヤツ、それがドカットです。

ドカット無限増殖中

 

いまや「1レンタルボートにつき、1ドカット」

と言える勢いで増殖しています。

 

この「ドカット無限増殖」の仕掛け人を考えてみます。

 

誰が流行らせたのか

本来、バス釣り用品ではない、リングスタードカット。

そもそも釣り用品でもない、ただの「工具箱」のはず。

一体どこの誰が使い始め、どういう経緯で流行りだしたんでしょうか。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です