バス釣りの夜釣りは関東では不人気?なぜ。

スポンサードリンク

バス釣りの夜釣りというと、琵琶湖のイメージが強いです。

関東圏では、あまりやるバサーは少ないのではないでしょうか。

その理由を考察します。

バス釣りの夜釣り

バス釣りにおける「夜釣り」は、あまり一般的ではなくても、やっている方は結構いらっしゃいますよね。

 

正直言うと、私はソルトで夜釣りをしたことがある程度で、バス釣りはほとんどやった事がありません。

早朝、釣り場に早く着きすぎて、結果的に夜釣りになったことはありますがw

 

そんな奴が夜釣りについて語るのもおかしいですが、戯言という事で聞き流していただければと思います。

夜に釣る理由

なぜ、バスの夜釣りをするのでしょうか。

・鵜などの鳥類から身を守りやすいから、夜にしかフィーディングしない個体が居る

・昼間の喧騒を逃れ、静かに釣りをしたい。

・日中の強烈な日差しからエスケープされ、集中力を高めたい。

・学校や仕事帰りでも行ける。

などの理由が考えられます。

夜だから簡単に釣れるという事は絶対ない

ひとつ言えるのは、夜だからといって簡単に釣れるという事は、おそらく無いでしょう。

むしろ安全面のリスクもあり、キャストも難しい。細かい作業もやりにくい。

それでも、上記理由から、夜釣りを愛好する方がいらっしゃるのだと思います。

関東でバス釣りの夜釣り

琵琶湖での釣果はよく聞きますが、関東フィールドでの夜釣りの釣果はあまり耳にしないように思います。

私が知らないだけかもしれないですが…これは何か理由があるのでしょうか。

そもそも釣り禁止の水域が多い。

そもそも、関東で夜釣りがあまり流行らない理由のひとつとして、日没以降は釣り禁止というフィールドが多いからではないでしょうか。

確か亀山ダムとかそうだったと記憶しています。

 

それから、安全な足場の確保されたおかっぱりフィールドが少ないというのも理由でしょう。

断崖絶壁のリザーバーなど、とてもじゃないけど夜釣りの出来る環境ではありません。

めっちゃ怖い

正直言って、夜、水辺に一人で立つのはめちゃ怖いです。

オカルト的なことはあまり信じないですが、夜の水辺は霊が居るって話を聞いたことがあります。

 

もし夜釣りに出かけるとしても、出来るだけ、複数人で行くことが必要だと思います。3人ぐらいいれば怖くないかなw

また、安全の為、経験者と同行することが大事でしょう。(なんの話だ)

まとめ

以上、バス釣りの夜釣りについてでした。

今後、あまりやる事はないとは思いますが、経験としてやってみたい気持ちもあります。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサードリンク

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です