エバーグリーンジャックハンマー実釣インプレ。釣れたタイミングをご紹介。

スポンサードリンク

エバーグリーンのジャックハンマー。

今季最も活躍してくれているルアーの一つです。

いまいち使いどころの難しいチャターベイト(ブレーテッドジグ)ですが、どういうタイミングで釣れたのかシェアしてみます。

亀山ダム×ジャックハンマー

2017年5月13日の亀山ダムにて。

腹パンのGOODコンディション。45ぐらいのナイスバスでした。

状況

天候は曇り/雨、水質はまあまあ濁り。

ポイントは、おりきさわボート対岸。

バスの活性はおそらく高めで、おりきさわ対岸でボコボコボイルが起きていました。

動きのはやい巻き物にも積極的にチェイスしてくるような状況だったと思われます。

バズベイトには不発

そろそろトップ出るかな?と思い、最初はバズベイトを投げていましたが不発。

一段下げるべく、チャターに持ち替えて、すぐにHITしました。

通し方

おりきさわ対岸は岩盤っぽくなっているのですが、その岩盤に対して、広く探るために並行引きしていました。

ボートで移動しながら巻いていたので、かなり巻き速度は速めだったはずです。

レンジ

同じレンジを引いてくる、というのが苦手なのですが、かなり速巻きしていたので表層直下を泳いでいたはず。

千鳥アクション

ジャックハンマー、速巻きすると適度に千鳥ってくれます。

何かにぶつからなくても千鳥ってくれるんですよね。

アングラー側が全く意図しない動きを結構する、という感じ。

千鳥りにもイイ、悪いあると思いますが、これが効いたのかもしれません。

霞ヶ浦×ジャックハンマー

 

 

お次は霞ヶ浦での一本。

2017年6月10日の霞ヶ浦にて。

まあレギュラーサイズぐらいですがw

状況

天候は晴れ。水質はやや濁り。とはいえいつも濁っている霞ヶ浦ですから、相対的濁度でいうと普通。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です