PEにシュッ! 2秒で出来るPEライントラブルの解消方法。【さっと一塗り】

スポンサードリンク

モーリス VARIVAS PEにシュッ!

PEにシュッ!を試してみました。

PEにシュッ!とは、モーリス社のVARIVASブランドからリリースされている、ラインをフッ素コーティングするスプレーです。

 

ガス入りのスプレータイプと、ガス無しのノンガスタイプがあり、可搬性に優れたノンガスタイプをチョイスしました。

こういったケミカル類は、どうも半信半疑なところがあったのですが、素晴らしい製品でした。

フッ素をコーティングするメリット

PEラインをフッ素コーティングするメリットは、摩擦係数が減ること、そしてラインの保護になります。

フッ素コーティングのメリット
  • ライン同士の絡みを防ぎ、ライントラブルを低減
  • ガイドへの負担を減らし、タックル保護になる
  • キャスト性能の向上
  • PEラインの色落ちを防止

ざっとこんなメリットが生まれます。公式HPにも同様の説明があります。

 

それを聞いて、特に私が疑問に思っていたのは、「ただケミカルを塗布するだけで、キャスト性能が上がるなんてことがあるのか!?」ということです。

使う前は、にわかに信じがたい内容でした。

キャスト性能UP

 

しかし、いい意味で期待を裏切られました

キャスト性能が明確にUP。塗って一投で明らかな違いが分かります。ちょっと驚きました。

体感では10%ぐらい良くなるんじゃないかな、下手したらそれ以上。

とにかく、するっとラインが放出されていく感じで、とても投げやすくなりますし、飛距離もUPします。

バックラッシュ低減

バックラッシュや糸噛みも明らかに減りますね。

糸噛み・・・(下に巻いてある糸に、上から巻いた糸がめり込むトラブルのこと)

サミングしやすい

スルスルテカテカな感じになってくれるので、サミングしやすくなります。

親指へのアタリが非常にマイルドに変化しました。

変なニオイがしない

ニオイが少ないのもPEにシュ!の美点です。

もちろん、魚にマイナス要素を与えない、という意味でも大事ですし、アングラーにとっても大事なことと思います。

変なニオイがする製品は使いたくないですよね(笑)

フロロやナイロンもスルスルに。

フロロカーボンやナイロンラインもスルスルになってくれます。

ラインの種類を問わないというのは、素晴らしいですよね。

ただし、PEラインほどの驚くほどの効果はないようにも思えました。

ロングリーダーPEに最適

こういったケミカル類の中には、特定の素材に対し、攻撃性があったりすることも多々ありますが、PEにシュ!についてはナイロンやフロロに使用しても全く問題ありません。

先日組んだロングリーダーPEセッティングにおいても、最適な仕上がりです。

あまり長持ちしない??

デメリットとしては、あまり効果が長持ちしないように感じたことです。

「1釣行ごと」より、「数キャストごと」に塗り直すと、効果がUPします。

まとめ

以上、PEにシュッ!のインプレでした。非常に優れたケミカル材です。

今更かいな、という感じですが、おそらくPEラインを多用するエキスパートの方々はほぼ使っているはずです。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です