ジェットボイルは本当にジェットだった件。非ジェットボイルと比べてみた。

スポンサードリンク

冬のバス釣りに欠かせないアイテム、ジェットボイル【jetboil】。

アメリカ発の革新的な「カッコいい湯沸かし器」です。

そんなジェットボイルの性能を、「非ジェットボイル」と比較し、チェックしてみます。

非ジェットボイル

 

こちらはジェットボイルじゃない、無印のモノ。

シンプルにガスと、バーナーの組み合わせ。

ジェットボイル

 

こちらはジェットボイル。

バーナーとクッカーが一体型になった構造が最大の特徴で、高い熱効率を誇り、一般的な調理器具が熱効率30%〜40%なのに対して、80%を実現。

それに伴いガスの使用量は半分で済むという高効率調理器具、それがジェットボイルです。

フラックスリング

 

最大の特徴は、クッカー下部に設けられた、「フラックスリング」と呼ばれる意匠。

このヒダヒダ形状が熱効率を高め、ジェットなボイルを実現してくれるって訳です。

ヨーイドンで湯を沸かす

本当にジェットボイルは速く湯が沸くのか、半信半疑だったので、非ジェットボイルとジェットボイル、同時に湯を沸かしてみました。

お湯の量は、カップラーメン一杯分、約500mlです。

半分の時間

結果、おおよそ半分の時間でお湯を沸かすことに成功。

というのも、非ジェットボイルで一杯沸かす間に、ジェットボイルでは2回沸かす事が出来たのです。

 

非ジェットボイルでは一杯沸かすのに5〜6分ぐらいかかるのに対して、ジェットボイルは3分ぐらいで湧きました。

 

ちなみにジェットボイルの公称値は、500mlのお湯を沸かすのに、135秒ほどかかるとの事です。

確かに135秒ぐらいで湧きました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です