テッケルフロッグ ホンカー入手。フロッグゲームについてざっくりまとめてみる。

スポンサードリンク

テッケルフロッグ「ホンカー」を入手しました。

硬派なフロッグ、ホンカーをご紹介するとともに、フロッグゲーム入門者に向けて、基本をまとめてみました。

テッケルフロッグ

B.A.S.S.やFLWなど米国トーナメントに参戦されていた経歴の持ち主、前田秀樹氏主宰の、ルアーブランド、“Teckel”:テッケル。

硬派な「フロッグ専門」メーカーです。

 

ラインナップは、ラバータイプの「ワッカー」、ツインブレードタイプの「ホンカー」、ティンセルレッグの「チョーカー」の三種類。

取り扱っている販売店が少なく、なかなか手に入らないでいました。

先日、取り扱い店に訪れる機会があったので、ようやくGET。

 

そんなテッケルさんのHPのフロッグ論は超詳しく、超有益な情報がたくさん。

フロッグの釣りを始めてみたい場合、必見です。

 

ホンカー

私が入手したのは、「ホンカー」

ブレードが付いているタイプです。

このブレードがキラキラ、シャラシャラしてくれてかなりいい感じ。

フロッグの首振りアクションに金属的なサウンド、そしてフラッシング効果をプラスしてくれる、使っていてとても楽しい「ホンカー」。

主にサーチ用として、広範囲のバスを誘うのに向いています。

 

フロッグ

私がバスフィッシングの中で、最も苦手意識が高く、難しいと感じているのが「フロッグ」の釣り。

 

なぜなら、「フロッグ」って、泳がないルアーだからです。

クランクベイトなら巻いてりゃブリブリ泳いでくれるし、スピナーベイトなら巻いてりゃブレードがキラキラ、スカートがふわふわしてくれる。

 

しかし「フロッグ」のアクションは、自分のロッド操作が全て。

自分でルアーに命を吹き込まないとダメな釣り、なんですよね。

 

フロッグゲーム

私はフロッグゲームは全くモノに出来ていません。

フロロラインで投げていたぐらいですw

この時点でもうオハナシにならない、といったレベルw

フロッグゲーム入門

フロッグゲームをモノに出来ていませんが、自分の勉強として、フロッグゲームについてまとめてみます。

もしフロッグゲームをやるならば、どうしたらいいのか。

リール

リールは剛性感のある、メタルフレームのリールが適しています。

さらにメインギヤはブラス製で、タフネス仕様なものがベター。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です