ライトパワーフィネスがめっちゃバスを連れてきてくれた話。

スポンサードリンク

ライトパワーフィネスとは

ライトパワーフィネス
 

ライトパワーフィネスとは、パワーフィネスよりもちょっと弱めのパワーフィネスです!

具体的には、ラインセッティングはPE0.6号〜0.8号にフロロカーボン5lb〜8lb程度のリーダー。タックルは2500番のスピニングリールにMLクラスのロッドを合わせます。

 

個人的なセッティングとしては、

ヴァンキッシュC2500HGS
 

リールはストラディックCI4+2500HGSヴァンキッシュC2500HGS

bantam 267ML
 

ロッドはバンタム267ML

シマノ ピットブル8
 

ラインはシマノ PITBULL8の0.8号で、リーダーはフロロカーボン5lb〜8lb。

 

人によっても定義はまちまちですが、ダイワの佐々木プロが提唱されているライトパワーフィネスも、だいたい大枠でそのぐらいの感覚に収まっているので間違いではないでしょう!

パワーフィネスには2種類ある

 

パワーフィネスは2種類あると思っています。

 

1つ目は、いわゆる「吊るしのパワーフィネス」。カバースモラバ等をヘビーカバーにぶっ込んで枝などに吊るし、バスを誘う釣法です。

テキサスリグなどに反応が悪いカバーのバスを食わせる手法ですね。

 

メインラインはPE1.5号以上をルアーに直結。

PE直結でカバーを攻める場合、最低でも1.5号は欲しいところ。それ以下だと合わせ切れが多発しました。

 

ロッドはMHクラスのガチガチのスピニングロッド(ノリーズのジャングルスピン)などを使用します。

ベイトロッドか!?っていうぐらいバットからティップまでかなりガッチガチのロッドです。

 

スピニングタックルながら、カバーの奥で食わせたバスを瞬殺でリフトする豪快な釣りです。

 

もう一方で、先述した「ライトパワーフィネス」です。

ロッドもラインもワンランク、場合によってはツーランクほど弱いモノを使用することがポイント。

ロッドアクションが弱めなので様々なリグを快適にキャスト可能ですし、細糸を使用することで飛距離も出ます。

吊るしのパワーフィネスの弱点

 

吊るしのパワーフィネス最大の弱点としては、キャストがめちゃくちゃ難しいこと。

もちろん、ピッチングでキャストすること前提である、というのは分かってはいるつもりです。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です