ステマ無しwやらせ無しwニッチだけど便利なバス釣りアイテム11選。

スポンサードリンク

リールやロッドだけではなく、さまざまな便利アイテムが存在する、バスフィッシング。

私が購入したり、使用しているものの中で、秀逸なプロダクトをご紹介します。

クレトム インテリアバー

クレトム インテリア・バー

クレトム インテリア・バー

これはご存知の方も多いかもしれませんね。

「クレトム インテリア・バー」です。

大型の釣り具量販店にも置いてあります。

まあ要するに「突っ張り棒」です。

車載ロッドホルダーにしたり、レンタルボートを借りたときに竿置きとして使用したり。

マルチに活用できる「突っ張り棒」。

ちゃんとした車載ロッドホルダーって、2万円とかするやつも多いですが、こいつなら数千円。

ルーフにちゃんと竿を車載出来ます。

ドカット

リングスター(RING STAR) ドカット D-4700

リングスター(RING STAR) ドカット D-4700

リングスターのドカット。

これは関東レンタルボートスタイルで流行っていますね★

亀山ダムで、使われているアングラーの方、かなりいらっしゃいます。

座ってよし、収納してよしの、なんでも入る便利な箱。

耐荷重500kg。

ルアーを格納して、椅子替わりに置いてます。

椅子と荷物入れが兼用になり、脚立を持ち込む必要が無くなり、荷物が減ります。

最近では、釣具屋さんに別注カラーが置いてあるほどの人気者。

オールブラックとか、パープルとかあるので、ちょっとカッコイイドカットにしてみるのも良いかもしれません。

MEIHOのVERSUS VS-3020がピッタリ

MEIHOのVERSUS VS-3020がピッタリの幅なので、VS-3020で整理すると、デッドスペースが少なく、沢山収納出来ますね。

すいません、写真ちょっとわかりにくいですが、MEIHOのVS-3020が測ったかのようにピッタリ収まります。

 

デジタルスケール

Amazonで売ってる、やっすいデジタルスケール。

魚の長さより、重さにこだわるほうが、通っぽいカンジなので、良い魚をGETしたときは、測ってみます。

正直、正確性はかなり低いと思われますが、気分だけ味わえればよいのでOKw

 

ACTIVEのカケハリをSETして使用しています。

ACTIVE カケハリ

ACTIVE カケハリ

’カケハリ’はもともと手芸用のアイテムですが、全く同じものがACTIVEから販売されているという不思議アイテム。

チャムス フローティングネックストラップ

チャムス フローティングネックストラップ

チャムス フローティングネックストラップ

チャムスのフローティングネックストラップ。

私は偏向サングラスを、外した時、首に掛けるという、ありえない運用をしていました。

あるとき、陸ッパリ釣行で、ハンドランディングをするときにかがんだ瞬間、ポチャっとやっちまいました…

痛すぎるレイバン奉納

そうなる前に、フローティングネックストラップを導入することを強くオススメします。

マジで偏光サングラスの紛失は痛すぎます。。

ジェットボイル

ジェットボイルもどきw

ジェットボイルもどきw

私はジェットボイルは持っていません。

ホームセンターで購入した安いガスバーナーを、レンタルボートの昼食時に持ち込み、カップラーメンを作っています。

あるとき、友人がジェットボイルを購入し、使用していました。

私の手持ちの安物ガスバーナーと比較すると、

・やはり沸騰するまでの時間は短い(正確に図ったわけではない事をお許しください。でも明らかに短い時間)

・省エネで沸くので、ガスボンベが小さいもので済むため、可搬性に優れる。

・横風に強い

結構、ボート上で風が吹いていて、なかなかお湯が温まらないことが多いので、横風に強いのは助かります。

 

でもぶっちゃけ安いガスボンベでも十分お湯は沸かせますw

カセットコンロを持ち込むツワモノもいるとかw

そして、ジェットボイル、ちょっと高いっすw

でもきっとジェットボイルでお湯を沸かして喰うカップラーメンはうまいんだろうなと思います。

気分が上がりますよね。そういう要素は大切です。

 

ブランド戦略ですよね、ジェットボイルって。

なんかカッコイイですもん。ブランド名、ロゴ、イメージ戦略が「欲しい」って思わせる何かを持っているのは確か。

アクションカムは「ゴープロ」、湯沸かし器は「ジェットボイル」、エナジードリンクは「レッドブル」ですねw

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です