2019年総括。今年買ってよかった釣り具まとめ。

スポンサードリンク

今年買って良かった釣り具まとめ。

さて、早いもので今年も残すところあとわずかですね。

今年もいろんな釣り具を購入して散財しました…

そんな中でも、特に印象に残っている釣り具をまとめました。

シマノ ’19 アンタレス MGL

 
シマノ(SHIMANO) リール 19 アンタレス HG 左

シマノ(SHIMANO) リール 19 アンタレス HG 左

43,384円(11/20 09:23時点)
Amazonの情報を掲載しています

まずはMVP、’19アンタレスMGLです。

MGLⅢスプールがもたらす、極上のキャストフィールや、精緻感たっぷりの巻き心地が最高です。

また、ヌルテカのクロームボディが所有欲を満たしてくれます。

ハイエンドモデルならではの喜びに満ち溢れています。

いろんな魚と出会わせてくれました。

’19 SLX MGL

 
シマノ リール 19 SLX MGL 71HG 左ハンドル

シマノ リール 19 SLX MGL 71HG 左ハンドル

14,830円(11/20 13:01時点)
Amazonの情報を掲載しています
 

アンタレスがなかったら’19 SLX MGLがMVPになっていました。それぐらい、良いリールです。

この値段でこのキャストフィールが味わえちゃって良いの?という32mm径MGLスプールの出来にびっくり。

中堅モデルの売れ行きが心配になってしまうほどです。迷ってたら買い、ですね。

’18 バンタムMGL用 マイクロキャストブレーキ&マイクロキャストスプール

 

Avail社のマイクロキャストスプールマイクロキャストブレーキで、バンタムMGLのマグブレーキ化に挑戦しました。

シマノリールの遠心ブレーキユニット、「SVS Infinity」を捨てて、マグネットブレーキユニットを装備した我がバンタムMGL。

一見すると、邪道?勿体無い?と思いがちなカスタムメニューなのですが、そのあまりのキャストフィールの変貌ぶりに、リールカスタムの奥深さを感じました。

バンタムMGLが「高剛性ベイトフィネス機」に変身する楽しさを味わうことが出来ます。

Avail オフセットハンドル STi2.5

 

今年はリールカスタム元年でした。以前はほとんどリールカスタムをしていなかったのですが、その奥深さにどハマりしています。

中でもAvail製のオフセットハンドルSTi2.5がもっとも印象に残っています。

純正然とした見た目ながら、超々ジュラルミン素材を採用し、確実に純正よりもグレードアップしてくれるAvailハンドル。

純正派もすんなり受け入れられる、いぶし銀なハンドルカスタムです。

JetSlow×TULALA ジェットセッター61C

 

パックロッド(JetSlow×TULALA ジェットセッター61C)を購入したのも、バス釣りのスタイル革命という意味で、大きなインパクトがありました。

61Cを買うまでは、ほぼワンピースロッドのみでの運用でしたが、パックロッドの「いつでもどこでも釣りが出来る」という感覚がこれほど楽しいものとは思いませんでした。

 

61Cをカバンに忍ばせて、初の「弁慶堀 電車釣行」も行きました。

 

また、家族旅行の際の、こっそりフィッシングにも活躍してくれました。

旅行先に気になるフィールドがあれば、早起きしてほんの数分で良いから竿を振りたい。というのが釣り人というものです。

ワンピースロッドを車に積んでいると、邪魔臭いので非難ごうごうでしたが、パックロッドならそれが極めてスマートに実現出来ます。

 

Strike King 10XD

 

初のマグナムクランクフィッシュをもたらしてくれた、StrikeKingの10XD

正直言うと、こんな巨大なクランクベイトで本当に釣れるのだろうか。という半信半疑な気持ちがかなりありました。

 

けど、実はそういう問題じゃないんですよね。

ルアーのサイズももちろん大事だけど、ベイトフィッシュを追いかけているバスを見つけて、レンジをしっかり合わせれば、バスは釣れる。というのが大きな「気づき」でした。

 

また、35センチのバスが、15センチのクランクベイトで釣れる。というのも発見でした。

巨大なベイトフィッシュではなく、わかさぎの群に見えたのかもしれない。とか色々考えられるわけです。

 

10XDが泳ぐ深度では、光量が少ないため、逆に10XDぐらい存在感のあるルアーの方が釣れるのかもしれない。とか思ったりも。

(1匹釣れただけでアレコレ語ってすいませんw)

 

私のバスフィッシングについての考え方を、いろんな方向に発展させてくれたルアーです。

ノースフォークコンポジットのロッド

 

今年はノースフォークコンポジットのロッドを何本か買ってみました。特に印象的なのは、長尺のグラスコンポジットロッド、ACR 73MHです。

キンキンのカーボンロッドでは絶対になし得ない、相当に幅広い適合ウェイトは、「オカッパリにこれ一本」という使い方にも相当にマッチングすることが分かりました。

また、クランキング時には、グラス素材の適度なダルさがサスペンション効果を生み出して、疲労軽減や根掛かり防止に効果を発揮してくれます。

RAID JAPAN ダッジ

 

なかなか巡り会えずにいた、RAID JAPANのダッジを定価購入することが出来ました。

「代表的レアルアー」であるダッジを入手することが出来たのは印象深い出来事です。

ただレアなだけじゃない、アクション性能の高さにも驚きました。

まとめ

以上、今年印象に残っている釣り具でした。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です