2019年総括。今年買ってよかった釣り具まとめ。

スポンサードリンク

今年買って良かった釣り具まとめ。

さて、早いもので今年も残すところあとわずかですね。

今年もいろんな釣り具を購入して散財しました…

そんな中でも、特に印象に残っている釣り具をまとめました。

シマノ ’19 アンタレス MGL

 
シマノ(SHIMANO) リール 19 アンタレス HG 左

シマノ(SHIMANO) リール 19 アンタレス HG 左

44,653円(06/19 12:58時点)
Amazonの情報を掲載しています

まずはMVP、’19アンタレスMGLです。

MGLⅢスプールがもたらす、極上のキャストフィールや、精緻感たっぷりの巻き心地が最高です。

また、ヌルテカのクロームボディが所有欲を満たしてくれます。

ハイエンドモデルならではの喜びに満ち溢れています。

いろんな魚と出会わせてくれました。

’19 SLX MGL

 
シマノ リール 19 SLX MGL 71HG 左ハンドル

シマノ リール 19 SLX MGL 71HG 左ハンドル

14,818円(06/19 21:52時点)
Amazonの情報を掲載しています
 

アンタレスがなかったら’19 SLX MGLがMVPになっていました。それぐらい、良いリールです。

この値段でこのキャストフィールが味わえちゃって良いの?という32mm径MGLスプールの出来にびっくり。

中堅モデルの売れ行きが心配になってしまうほどです。迷ってたら買い、ですね。

’18 バンタムMGL用 マイクロキャストブレーキ&マイクロキャストスプール

 

Avail社のマイクロキャストスプールマイクロキャストブレーキで、バンタムMGLのマグブレーキ化に挑戦しました。

シマノリールの遠心ブレーキユニット、「SVS Infinity」を捨てて、マグネットブレーキユニットを装備した我がバンタムMGL。

一見すると、邪道?勿体無い?と思いがちなカスタムメニューなのですが、そのあまりのキャストフィールの変貌ぶりに、リールカスタムの奥深さを感じました。

バンタムMGLが「高剛性ベイトフィネス機」に変身する楽しさを味わうことが出来ます。

Avail オフセットハンドル STi2.5

 

今年はリールカスタム元年でした。以前はほとんどリールカスタムをしていなかったのですが、その奥深さにどハマりしています。

中でもAvail製のオフセットハンドルSTi2.5がもっとも印象に残っています。

純正然とした見た目ながら、超々ジュラルミン素材を採用し、確実に純正よりもグレードアップしてくれるAvailハンドル。

純正派もすんなり受け入れられる、いぶし銀なハンドルカスタムです。

JetSlow×TULALA ジェットセッター61C

 

パックロッド(JetSlow×TULALA ジェットセッター61C)を購入したのも、バス釣りのスタイル革命という意味で、大きなインパクトがありました。

61Cを買うまでは、ほぼワンピースロッドのみでの運用でしたが、パックロッドの「いつでもどこでも釣りが出来る」という感覚がこれほど楽しいものとは思いませんでした。

 

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です