漢の釣り!ビッグスプーン入門。どう使う?引っかからないの?

スポンサードリンク

ビッグスプーン

三島湖で、ビッグスプーンを用いた釣りにチャレンジしてみました。

三島湖スーパーロコである、松本幸雄さんが、ビッグフィッシュハンティングの手駒の一つとして使っているという、noriesのダイラッカ。

それに影響を受けて、三島湖でビッグスプーンを投げてみたいな~、という感じです。

deps グルカナイフ 2oz

 

ダイラッカは、売ってなかったので、deps グルカナイフの2ozをチョイス。

deps グルカナイフKIT

deps グルカナイフKIT

 

大場未知氏のグルカナイフの記事を参照して、フックは2/0番、スプリットリングは5番をチョイス。

 

それぞれ高い品質に定評のある、RYUGI社のピアストレブルブルータルと、ボンバダ社のスプリットリングにしました。

(スプリットリングは、No.5でラインアイ側についているものとほぼ同一サイズでした。)

 

正直言うと、グルカナイフの2,800円という価格からすれば、標準でフックを付けて欲しかった、というのが消費者的目線。

ボンバダのスナップはもはやコレ専用サイズですし..(余ります)

 

装着してみると、もはやちょっとした凶器のような風貌です。

根掛かりしないの?

 

個人的に、すぐに根掛かりしそう。と思っていました。

鉄の棒の先端に大型のトレブルフックが付いている、とてもシンプルな作りで、クランクベイトのようにリップで躱す、とかそういう事もありません。

それを着底させて、しゃくったりするので、水中のブッシュ等に速攻引っかかるだろうな、と。

 

しかし実際に使ってみると、予想を裏切る帰還率。

もちろん引っかかりますが、ちょっと揺らすと、自重がかなりあるので、オートマティックに外れてくれます。

 

ロストが怖くてチャレンジ出来ない、って思いますが、意外と大丈夫です。

アクション 

グルカナイフのアクションについてです。

水平姿勢を保ったまま、ぐるぐると回転し、イレギュラーにスライドしつつ、フォール。

かなりヤバい感じのアクションです。

トラウト用のルアーで、Xスティックなる棒状のルアーがありますが、それの巨大版、のような感じがしました。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です