超気になる!ツインフックシステムがもたらしてくれるものは何か。

スポンサードリンク

シングルフックを熱収縮チューブで2本にまとめた、ツインフックシステム。

じわじわ存在感を示しているような気がします。

既存のスタンダード、トレブルフックと何が違うのでしょうか。

ツインフックシステム

ツインフックシステムとは何か

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

^_^ 実は前回、訳あってロストしてしまって、、、 @onebaits ありがとうございます! #ツインフックシステム #バーブレス #twinfooksystem #barbless

studiocompositeさん(@studiocomposite.jp)がシェアした投稿 –

 

シングルフックのアイをひねり、熱収縮チューブとスプリットリングでひとまとめにしたフックのことです。

 

カスタムハンドルで有名な、スタジオコンポジット社が初めに提唱したそうで、今ではRYUGIやがまかつなど大手フックメーカーから製品がリリースされています。

スタジオコンポジット社のインスタグラムには、ツインフックシステムの投稿がたくさんあるので要チェックです。

ダブルフックとは違うよ

ダブルフックとの違いは、左右のフックが独立したシングルフックで構成されている事です。

ダブルフックは1つのフックでしたよね。

メリット

左右のフックが自由に可動するフレキシブルさが最大のメリット。

・口の穴が開きにくく、ばらしにくい

・フッキング時の角度が無理のない角度になる

・2次フッキングしにくく、魚体に負担をかけにくい

・フロントフックを下向きにセットする事で、ボディに針先が当たらずに、静かにアプローチできる

・片方のフックに掛かった場合、もう片方には負荷がかからず、自然な力の掛かり具合で、フックの破損や変形を防ぐ。

・トレブルフックより軽いため、線形を太く設定可能

・力の分散がなく、掛かりが非常に良い

・ルアーのフックサークルが付きにくくなる

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です