ワームを動かすのをやめたらワームで釣れるようになった件。

スポンサードリンク

釣り人から「殺気」が発生していると、釣れなくなる。

釣り人なら一度はこんな会話をしたことがあると思います。

この「殺気」の正体について考察してみたいと思います。

殺気の正体とは

釣り人から発する「殺気」とは、一体なんなのか。

 

釣りたいが故に、竿を持つ手に余計な力が入り、余計なアクションをルアーに加えてしまうこと。

 

結果、釣れなくなってしまう。

これが、「殺気」の正体です。

電話中のバイト

良く聞く、電話をしていたら喰っていた、という「電話バイト」

電話に集中して「殺気」が抜けていた、のでしょうか。

 

これって実は、電話に集中してルアーアクションをおろそかにしていたから、釣れるんです。

余計なアクションがルアーに伝わらず、わずかな水流に押されて発生するナチュラルアクションのみになります。

 

結果バイトが得られます。

初心者が釣る理由

これは初心者がビギナーズラックで良く釣る理由と同じです。

初心者がライトリグをやるとき、よくわからないのでラインスラックはダルダルになります。

結果、魚に違和感を与えず、バイトを得ることができます。

 

少し釣りを覚えてくると、ワームにアクションを加えたいが為に、ラインスラックを張ってワームを積極的に操作します。

しかし、その操作がよほど的確でない限り、マイナスの要素として働きます。

ワームをシェイクするときは、ラインを動かす

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

2 件のコメント

  • 初めまして、ikahimeさん。
    過去記事へのコメント失礼します。

    この記事の殺気の件に関して同意見です。
    ラインを過度に張った際に違和感(ラインの存在感)が発生し、
    魚(や他生物)に警戒されるのではないかと考えてます。

    過去の経験でお話すると、

    ①ダウンショットが大流行した頃、
     ダウンショットのシェイクに対し魚がスレて食わないことがありました。
     諦めて食事を取っていると、足元に垂らしたノーアクションのワームにバスがバイトしてびっくり。

    ②透明度の高い川で重いオモリを使って投げ釣りをしていました。
     仕掛け付近を通過するフナやコイ、ピンと張った道糸に近づくと驚き、凄い勢いで逃げていきます。
     試しにオモリを外し、餌と針とスイベルの自重だけで沈めると、
     通りかかる魚は背ビレに道糸が引っかかるまで気が付かずに引っかかってしまいました。

    ③夜光虫の発生した堤防でライトソルトゲームをしていました。
     テンションを掛けないリトリーブでは、ジグヘッド付近の夜光虫が反応して光る程度でしたが、
     魚が掛かった後、若しくは根掛かりに対してテンションを掛けた瞬間、
     ラインに触れる夜光虫が全て発光し、ラインの位置が丸わかりに。

    上記の経験から、
    魚はフケたラインの事はたいして気にしてない(認識の強さがルアー>ライン)が、
    ラインにテンションが掛かると違和感を感じる(ラインの存在感がルアーを上回る)のではないかと考えています。

    例えば、ジャークやトゥィッチのポーズ部分でバイトが来るのもそれが原因かなぁと思います。

    駄文じゃないよ!?俺もそう思いますよマジで!
    と思ったので思わずコメントさせていただきました。

    • コメントありがとうございます。なるほど、非常に有益で興味深いお話をありがとうございます。
      するとやはり適度なラインスラックを意図的に作り出すというのは、ライトリグで見切られない為に有効な手立てであると言えそうですね(*’ω’*)

      最近ネコリグで良く釣る友人が、かなりシェイクしているので、どのようにシェイクしているか聞いてみたんです。
      すると、ワームが自分の方に来ないように、ラインを揺らす程度でシェイクしているというお話でした。

      なので、シェイクする場合もラインを張りすぎるのは良くないのかなと思っています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です