シマノ バンタム[Bantam]267MLインプレ。一言で表すならば、「上質な虫ロッド。」

スポンサードリンク

シマノ バンタム[Bantam]267MLのインプレです。

「パワーフィネス」と呼べるほどではありませんが、パワフルなスピニングロッド。

虫や表層系、シャッドプラグなどを自在に扱える、上質なロッドでした。

シマノ バンタム[Bantam] 267ML インプレ

シマノ バンタム267ML インプレ

 

ちょっと強めのスピニングロッド、シマノ バンタム[Bantam] 267MLのインプレです。

 

2年ほど使い込みましたが、今では「弱めのパワーフィネス」として欠かせない一本となっています。

写真は、ティムコ ベイトフィネスジグ3.5g+ゲーリーヤマモト モコリークローで仕留めた一匹。

この辺りの「少しフィネス寄りのジグ」を扱うと最高です。

Bantam267ML

 

まず、Bantam267MLとはどんなロッドか。

一言でいえば、山木プロがパブロシャッド59sp (6g)を投げる際にメインにしているロッドです。

適合自重は、4g〜12g。

山木プロがヴァンキッシュの3000HGM、4000HGをセットしたり、「ML」という表記からもわかる通り、結構硬め&強めのスピニングロッド。

パワーフィネス、ではない

とはいえパワーフィネス、と呼ぶには若干弱め。

ちなみに参考までに、同じ番手のポイズンアドレナは、説明文に「パワーフィネス」という文言が入っております。

Bantamは、入っておりません。

PEセッティングで使いたい。

 

主な使用目的は、PEライン0.8号を組んで、虫や、表層系など。

(山木プロはシャッドメインですがw)

ダウンショットやスモラバ等、よりフィネスなライトリグは、フロロを組んだエクスプライド 263L-Sに任せる事にします。

ガイドセッティング

 

ガイドセッティングが、いわゆる「Kガイド」ってヤツになってます。

 

購入する際、265Lと非常に迷ったのですが、決め手はこの「Kガイド」でした。

Kガイドというのは、ガイドフット部分が、PEライン使用時の糸絡みのトラブルを減らす形状、になっております。

 

体感として、バッドガイド(もっともリール側のガイド)への糸絡みが、かなり顕著に違ってきます。

Kガイド仕様であればほぼ絡むことは無いですが、通常のガイドですとPEラインの糸絡みが気になるのです。

虫が、楽しい。

 

とにかく、虫系を扱うのには最適なロッドです。

ただし、硬めなロッドが好きな方限定ですが。(個人的に虫を扱うロッドは、やや硬めが好き。)

枝越しにチョウチンする際に、ロッドワークでアクションがつけやすく、回収時もハリがあってプンッと外せる。

虫に命を吹き込むことが可能です。(言い過ぎかw)

表層系

 

野良ネズミや、

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です