シマノ バンタム[Bantam]267MLインプレ。一言で表すならば、「上質な虫ロッド。」

スポンサードリンク

シマノ バンタム[Bantam]267MLのインプレです。

「パワーフィネス」と呼べるほどではありませんが、パワフルなスピニングロッド。

虫や表層系、シャッドプラグなどを自在に扱える、上質なロッドでした。

シマノ バンタム[Bantam] 267ML インプレ

シマノ バンタム267ML インプレ

 

ちょっと強めのスピニングロッド、シマノ バンタム[Bantam] 267MLのインプレです。

 

2年ほど使い込みましたが、今では「弱めのパワーフィネス」として欠かせない一本となっています。

写真は、ティムコ ベイトフィネスジグ3.5g+ゲーリーヤマモト モコリークローで仕留めた一匹。

この辺りの「少しフィネス寄りのジグ」を扱うと最高です。

Bantam267ML

 

まず、Bantam267MLとはどんなロッドか。

一言でいえば、山木プロがパブロシャッド59sp (6g)を投げる際にメインにしているロッドです。

適合自重は、4g〜12g。

山木プロがヴァンキッシュの3000HGM、4000HGをセットしたり、「ML」という表記からもわかる通り、結構硬め&強めのスピニングロッド。

パワーフィネス、ではない

とはいえパワーフィネス、と呼ぶには若干弱め。

ちなみに参考までに、同じ番手のポイズンアドレナは、説明文に「パワーフィネス」という文言が入っております。

Bantamは、入っておりません。

PEセッティングで使いたい。

 

主な使用目的は、PEライン0.8号を組んで、虫や、表層系など。

(山木プロはシャッドメインですがw)

ダウンショットやスモラバ等、よりフィネスなライトリグは、フロロを組んだエクスプライド 263L-Sに任せる事にします。

ガイドセッティング

 

ガイドセッティングが、いわゆる「Kガイド」ってヤツになってます。

 

購入する際、265Lと非常に迷ったのですが、決め手はこの「Kガイド」でした。

Kガイドというのは、ガイドフット部分が、PEライン使用時の糸絡みのトラブルを減らす形状、になっております。

 

体感として、バッドガイド(もっともリール側のガイド)への糸絡みが、かなり顕著に違ってきます。

Kガイド仕様であればほぼ絡むことは無いですが、通常のガイドですとPEラインの糸絡みが気になるのです。

虫が、楽しい。

 

とにかく、虫系を扱うのには最適なロッドです。

ただし、硬めなロッドが好きな方限定ですが。(個人的に虫を扱うロッドは、やや硬めが好き。)

枝越しにチョウチンする際に、ロッドワークでアクションがつけやすく、回収時もハリがあってプンッと外せる。

虫に命を吹き込むことが可能です。(言い過ぎかw)

表層系

 

野良ネズミや、

 

O.S.Pオーバーリアル63ウェイク等の表層系も気持ちいいです。

ちゃきちゃき操作出来る。

ただ、こういった4g以下のルアーについてはキャストフィールは硬すぎる感アリ。

シャッドは当然。

 

山木プロよろしく、シャッドプラグも投げてみました。

noriesのレイダウンミノージャストワカサギさん(6g)。(シャッドじゃなくて、ミノーですね)

メリハリのついたアクションをつけれますし、スピニングで巻物を扱うときのだるさは一切排除されています。

ノーシンカーもイケちゃう。楽しい。

 

自重4.5gのライトイカ4.5インチのノーシンカーが気持ち良い。

 

また、約7.2gの4インチヤマセンコーも問題なく扱えますね。

それから、割とパワーがあるので、1/0〜2/0クラスのオフセットフックも細軸であれば、ガッツリフッキングかますことが可能。

ただし、写真はPEライン0.8号の直結でやってみましたが、やはり合わせ切れも一度起きてしまったのでリーダーを入れるなどの対策が必要かもしれません。

この辺は、もう少し検証してみたいと思います。

PE1.0号+8lbフロロリーダー

 

様々なセッティングを検証した結果、0.8号のPE+フロロカーボン8lbリーダーに落ちついています。やはり0.8号PE直結ですと、アワセ切れする事がありますのでリーダーは必要ですね。

PEラインはシマノのピットブル0.8号。これが、PE1.5号とかになってくると直結でもまず切れる事は無いのですが、0.8号はスレるとあっさり切れます。

とはいえ、純粋な引っ張り強度は18.3lbと非常に強力なので、安心してパワーファイトする事が可能となります。

快適な上限は、10g程度。

 

結構硬めなので、スピナベを投げてみました。エバーグリーンのD-ZONEフライ(1/4oz)です。

ご存知の通り、スピナーベイト等のワイヤーベイトの重量の表記は、ヘッド部分のみの重量を表しております。D-ZONEフライの実測は10gぐらい。

やはり、予想通り快適に扱う事は出来ません。ほんのちょっと辛い感じもしつつ。でもめっちゃ無理やり、って感じでもないです。

なので、上限はこの辺りかなあ、と思います。

復元力がある。

非常にトルキーなブランクスです。ベイトロッドのMぐらいの感覚とでもいえばいいのでしょうか。

40UPは完全に主導権はこっちにあります。(50UPは…まだ釣れてないっす。)

 

カバー周りで、Lクラスのスピニングだと巻かれてしまうかな?と心配になる場面があるかと思います。

そんな時に、非常に重宝するのがこのバンタム267MLですね。

タフネス性能が気になる。

スパイラルXを採用したロッドは、耐久性も高い、というお話を聞きました。

かなり高価だったので、長持ちすると嬉しいのですが..

 

追記:2年ほど使い込みましたが、ヤレる気配は微塵もなく、購入当初の復元力を維持しているように思います。

実際に、スパイラルXの耐久性を感じる事が出来ました。

まとめ

以上、シマノ バンタム[Bantam] 267MLのインプレでした。

素晴らしい使い心地です。ちょっとお高いですが、購入して後悔はないロッドに仕上がっていると思います。

ただ、キャストフィールもかなり硬めなのでここは好みが分かれるところかも。

ikahimeを最後までお読みいただきありがとうございました。

ikahime
「この記事がお役に立てば是非フェイスブックのいいね!をお願いします!更新の励みになります★」

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です