至高のクランキンタックル★ファイナルディメンションTS1610MLF

スポンサードリンク

クランクベイトをガチでやりこむなら、やっぱりグラスロッド!?

名刀クランクロッド、ファイナルディメンションTS1610MLFの極上のフィーリングから、グラスロッドの必要性を考えてみます。

ファイナルディメンションTS1610MLF

’ファイナルディメンション’シリーズは、シマノのバス専用ハイエンドモデルとして、2006年にリリース。

塚本謙太郎、桐山孝太郎、杉戸繁伸、ロボ奥田、バーニーシュルツという、そうそうたるメンツによって開発。

2014年まで生産が続けられましたが、残念ながら、エクスプライドやポイズンシリーズなどの台頭によって、現在では生産中止となりました。

TSシリーズ

特化したTS(テクニカルスペシャライズド)シリーズと、汎用性を持ったPV(プロフェッショナルバーサタイル)シリーズから構成。

素材や製法を、1本1本吟味し、コストを掛けて作られたFDは、名刀も多く存在。

今現在でも根強いファンが多いシリーズです。

中古で安く流通している

そんなリソースを惜しみなく注いだ、フラッグシップモデルであるファイナルディメンション。

現在では発売からかなりの年数が経っているということで、中古市場にコナれたタマが多数流通しています。

人気の番手はタマ数が少ないですけどね…

新車の軽自動車より、中古のセルシオ

 

セコハンの良さは、低コストで上質な製品を手に入れられるというところ。中古市場の醍醐味です。

数年前のハイエンドモデルが、現在の中価格帯のモデルぐらいの値段で購入できるのです。

 

釣具の中古は、車の中古車に似たうま味があると思います。

新車の軽自動車よりも、中古のセルシオの方が、全てにおいて優れています。

 

さらに車だと税金が高いなどのデメリットがありますが、釣り道具はそれが無いのも良いところ。

状態の良い中古さえ見つかれば、ハイエンドモデルをお得に使用することができます。

ロクテンクランキング

そんなFDの、TSシリーズの中でも、名刀の名高い、’ファイナルディメンションTS-1610MLF’。

ツカケンこと塚本謙太郎氏監修の、ロクテンCRANKINGシリーズ。グラスロッドです。

番手が3種類。

‘ファイナルディメンションTS-1610LF’

‘ファイナルディメンションTS-1610MLF’

‘ファイナルディメンションTS-1610MF’の3種類。

中でも、ミディアムサイズのクランクベイトを最も扱いやすい、基本の一本である’ファイナルディメンションTS-1610MLF’を使用しています★

UDグラス

’UDグラス’と呼ばれる、単一方向繊維のグラスファイバー素材で出来ています。カーボン含有率は、37.8%。

グラス特有の’粘り気のある戻り’(カーボンより遅く復元する)を実現するには最適な素材で、グラスロッドの理想の素材。しかし強度を出すのが非常に難しい素材だそう。

それをハイパワーXによって強度の問題をクリアし、採用しているのがこのロクテンクランキン!なのです。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー