【インプレ】アブガルシア ファンタジスタ YABAI FCY-62L MGS bait finesse。ネコリグ専用機に。

スポンサードリンク

河辺裕和氏の肝いりのロッド、アブガルシア ファンタジスタ YABAI FCY-62L MGS bait finesse。

マイクロトリガーと、マイクロガイドシステムを採用したベイトフィネスロッドです。

ネコリグ専用機として使用すると素晴らしい出来栄えです。

どのような使用感なのかシェアします。

アブガルシア ファンタジスタ YABAI FCY-62L MGS bait finesse

ファンタジスタ YABAI fcy-62l mgl bait finesse

ファンタジスタ YABAI fcy-62l mgl bait finesse

 

 まずは、ファンタジスタ YABAI fcy-62l mgl bait finesseがどんなロッドかご紹介。

適合ルアーウェイトは、1/32-3/32oz。

例えばネコリグなら、0.9gから2.7gの、シンカーを使用するのに適している、ということ。

上限が、2.7gで、パワーは、「ライト」表記ですから、「弱め」なベイトフィネスロッド、という認識で良いでしょう。

他、マイクロトリガーと、マイクロガイドシステムを採用しています。

オープンウォーター用

どちらかと言えば、オープンウォーター用という位置づけ。

込み入ったカバーにネコリグなどを投入する際は、ややパワー不足か?

と思いきや、ベリーからバットにかけての「粘り強さ」があり、地味にリフトパワーがある印象です。

このレングス、ルアーウェイトから想像するよりも良くリフトしてくれます。

掛けた後、ジワジワと復元力が発揮されるトルク型な味わいですね。

この辺りはシマノ製、ダイワ製ロッドとは明確にフィーリングが違います。

感度

感度は良い方かと思います。

マイクロガイドシステムや、自重99gと、6ft2inのレングスも相まって、バイトの感触などは、コンッ♪と小気味よく伝わってきます。

 プラグはやや扱いにくい

シャッドプラグなど、5g〜7g前後の軽量プラグのプラッキングには、あまり向いていません。以下の2つの理由によります。

飛距離が出ない

ショートレングスなので飛距離が出ないこと。

プラグの重さを載せ難い

そして、テーパーが、ライトプラグをキャストするのに向いていません。

テーパーは、ファストテーパー。

魚を掛けて、負荷が掛かった際には綺麗に曲がってくれます。

しかしキャスト時にルアーの重みをロッドに「載せる」ことがやや、やり難いです。

とはいえ、投げ難いからといって少し重めの7g以上のプラグは、ダルな感じになってしまい、不足感が出てきます。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

もう、バックラッシュしないですむ方法。

スポンサーリンク

◆HEDGEHOG STUDIO公式サイトへ

◆こちらの記事もどうぞ

カテゴリー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です